医療保険の種類は「定期」と「終身」の2つが基本

民間医療保険には、一定期間で保障が終了する定期医療保険と保障が一生続く終身医療保険の2つがあります。日本人は終身タイプが好きなため、終身医療保険が人気となっています。それでは、定期医療保険と終身医療保険について説明します。


定期医療保険

定期医療保険は、保険期間が10年のように期間が決まっています。生命保険同様、保険会社が定める年齢まで自動更新できます。自動更新は、更新時に健康状態が悪くても無条件で更新ができます。ただし、保険料は更新時の年齢で再計算されるため、更新の度に保険料は上がります。最終更新年齢は、60、70、80歳が一般的です。

終身医療保険

終身医療保険は死ぬまで毎月保険料を支払うタイプと、60歳までなど有期で保険料を支払い終えるタイプがあります。

医療保険の保険料

一般的に、定期医療保険は、保険期間が決まっているため若いうちに加入すると終身医療保険より保険料は安くなります。ただし、定期医療保険は更新の度に保険料が上がります。また、高齢になってくると加入できる保険の種類も限られ、保険料もグーンとアップします。

一般的に終身医療保険は、死ぬまで保険が続くため定期医療保険より保険料が高くなります。終身医療保険は、最初に契約した金額のまま毎月保険料を支払います。支払いは毎月死ぬまで保険料を支払うタイプと、10年、20年のように有期で支払うタイプがあります。有期で保険料を支払う場合は、2支払い期間が短いほど保険料が安くなります(20年で支払うより10年で支払うほうが安くなります)。保険料は基本的に一括で払うほど安くなります。終身医療保険も、高齢になってから加入すると保険料がグーンとアップします。

20代の若い時から医療保険に死ぬまで加入する場合、定期医療保険は更新の度に保険料がアップするため、総額で見ると終身医療保険のほうが保険料が安くなります。条件によっても金額は変わってくるため、加入前にきちんと計算するようにしましょう。

次の記事

「平均入院日数と1日あたりの平均入院費用」

前の記事

「医療保険の補償内容は入院給付金と手術給付金がメイン!」

    
コメント