入院給付金の注意点! 限度日数、免責期間、180日ルールに注意しよう!

医療保険には、入院時に支払われる保険金として入院給付金があります。ただし、入院すればもらえるわけでないのが入院給付金の厄介なところです。契約内容の条件を満たしていないともらえると思っていた入院給付金を受けることはできません。それでは、入院給付金の注意点を紹介します。


入院給付金の日数ルール

医療保険の入院給付金には基本的に、「限度日数」が定められています。1入院あたりに支払われる保険金の最高日数が決められています。限度日数と通算限度日数があります。1入院の限度日数は、「60日」や「120日」のタイプが多く、通算限度日数は730日〜1000日のタイプが多いです。限度日数が長いほど保険料は高くなります。

限度日数

医療保険の支払条件を満たした入院でも、限度日数を超えるとそれ以降は入院給付金を受け取ることができません。1回の入院で受け取れる限度日数は60日、120日、180日のように決まっています。入院が長期化し、限度日数を超えた場合、それ以降の入院給付金をもらうことはできません。

180日ルール

退院して再度入院した場合でも、前回の入院と原因が同じ場合や、病気に関連性がある場合は、一般的に、退院から180日を超えない限りは1回の入院とみなさるため、入院給付金をもらうことはできません。

ただし、次の入院までの日数が180日以内であっても、前回の入院と関連のない病気やケガで入院した場合は、別の入院として扱われるため、入院給付金をもらうことができます。

この180日ルールはいろいろと問題を起こします。医療保険は高齢時の病気のリスクに備えて加入する人が多いです。しかし、高齢になると入院の確率は高くなります。しかし、同じ病気が原因で入退院を繰り返すことが多いです。すると、この180日ルールが悪さをして、入院給付金をもらうことができません。何のための民間医療保険なのかわからなくなりますよね。

限度日数の選び方

退院患者の平均在院日数は32.8日(平成23年データ)です。最低限の保障で問題ないのであれば「60日型」を選びましょう。入院が長期になった時こそ、保険に頼りたいと考える人なら「120日型」がおすすめです。120日より限度日数が長い商品は、保険料が高くなるのであまりおすすめできません。

参考リンク

「平均入院日数と1日あたりの平均入院費用」

通算限度日数

保険期間を通してもらえる入院給付金の日数にも限度があります。通算限度日数、730日、1000日といったように通算期間による限度日数があります。通算限度日数も長くするほど保険料が高くなります。仮に1年に1回180日の入院をすると、6年目で通算限度日数を使いきってしまうため、それ以降は入院給付金を受け取ることはできなくなります。ただし、1入院限度日数や180日ルールがあるので、通算限度日数を使い切るのなかなかできません。730日もあれば使い切ることはないでしょう。

免責期間

入院が一定期間を超えないと入院給付金が受け取れない商品があります。免責期間がないタイプは、免責期間があるタイプに比べて保険料が高くなります。

「入院免責期間2日間(3日以上の継続入院で3日目から保障)」という条件であれば、入院開始から2日間は入院給付金が受け取ることができません。

入院日数が免責期間を超えれば、1日目から入院給付金が受け取れるタイプもあります。「3日以上の継続入院で1日目から保障」という場合、4日間入院すれば「1万円×4日=4万円」を受け取ることができます。

「1日目から保障」のパターンは注意しましょう。支払い条件により支払日が変わってきます。よくトラブルに成るのが、入院給付金支払いの条件が「1泊以上の入院」や「1泊2日以上の入院」となっているパターンです。入院した日に退院した場合、入院給付金を受け取ることができません。そこで、「日帰り入院」も保障する医療保険もあります。

入院給付金の対象

入院給付金の対象は治療のための入院です。検査目的、介護目的による入院(老人保健施設など)では入院給付金を受け取ることができません。それ以外にも、契約が開始する前にかかった病気やケガが原因による入院、契約時に告知義務違反がある場合も入院給付金を受け取ることはできません。

医療保険は契約が全てです。何でもかんでも入院すれば保険金がもらえるわけではありません。入院給付金では、限度日数、免責期間、180日ルールに注意しましょう。

次の記事

「医療保険は手術給付金を重視! 手術給付金の対象手術と保険金の注意点」

前の記事

「2週間の入院が一番儲かる? 長く入院できない病院の裏事情」

    
コメント