生命保険の主な商品の種類

「生命保険=主契約+特約」

で構成されています。主契約部分を中心に考えるのが基本です。死亡保険、生存保険、混合保険の3種類があります。では、この基本を理解した上で、生命保険の主な商品の種類をみていきましょう。


生命保険の主な商品の種類

生命保険の主な商品の種類は、定期保険、終身保険、養老保険、収入保障保険、医療保険、ガン保険、個人年金保険、変額保険などです。それでは、1つずつみていきましょう。

1. 定期保険

保険期間は一定です。保険契約期間中に被保険者が死亡した場合、残された家族が死亡保険金を受け取ることができます。

参考リンク

「定期保険」

2. 終身保険

保険期間は生涯ずっと続きます。いつ死んでも死亡保険金を受け取ることができます。定期保険より保険料は高くなります。

参考リンク

「終身保険」

3. 養老保険

保険期間は一定ですが、保険契約期間中に被保険者が死亡した場合、残された家族が死亡保険金を受け取ることができます。また、満期時に被保険者が生きていた場合、満期保険金が受け取れます。死亡保険金だけでなく貯金としての機能もある生命保険です。基本的に終身保険より保険料は高くなります。

参考リンク

「養老保険」

4. 収入保障保険

保険期間中に、被保険者がなくなった場合、年金形式で死亡保険金を受け取ることができます。まとめて保険金を受け取るとすべて使ってしまう危険もなくなります。

参考リンク

「収入保障保険」

5. 医療保険

医療保険も生命保険の範囲になります。病気やけがなどで入院したり、契約で定められた手術を受けた場合に、保険金を受け取ることができます。ガンに特化したがん保険もあります。

参考リンク

「医療保険」

6. 個人年金保険

個人年金ですが、生命保険の範囲になります。設定した年金受取開始年齢から、年金形式で保険金を受け取ることができます。

参考リンク

「個人年金保険」

7. 変額保険

株式や債券などを運用し、プラスになれば保険金や解約返戻金が増えます。ただし、運用がマイナスになると最低保障ラインはありますが、保険金や解約返戻金が減るのでご注意を。

生命保険の主な種類はこの7つです。ただ、生命保険としては、1. 〜 4. だけ考えればよいでしょう。基本的には、定期か収入保障保険があれば問題ないでしょう。そこに不安な部分を特約でつければさらに万全です。

まずは、基本をおさえて、定期付き終身保険などよくわからない商品が出てきても分解して考えれば、自分に合った生命保険を選ぶことができるでしょう。

次の記事

「生命保険3つのメイン商品! 定期保険、養老保険、終身保険」

前の記事

「生命保険の考え方の基本! 3つのタイプの生命保険」

    
コメント