社会保険の種類

日本での社会保険は、「医療保険、年金保険、介護保険、雇用保険、労働者災害補償保険(労災保険)」の5つがあります。


1. 医療保険(健康保険)

保険により医療負担を減らし、国民が健康で過ごせるための社会保険が医療保険です。保険以外にも、高額療養費や出産手当金など様々な給付金を受け取ることができます。健康保険、国民健康保険などがあります。

「健康保険」

2. 年金保険

(老齢)年金による老後の生活の補償や、病気やケガにより重度の障害になってしまったときの障害年金、被保険者が死亡したときに残された遺族に支給される遺族年金など国民の生活をサポートしてくれます

「年金保険」

3. 介護保険

高齢化社会に対応する形で、2000年から介護保険制度が始まりました。高齢者のための介護サービスに保険を利用することができます。介護時代に必要な社会保険です。

介護保険

4. 雇用保険

失業した場合、急な解雇など、労働者の生活の安全を守ってくれるのが雇用保険です。失業手当、職業訓練などを受けることができます。

5. 労災保険

業務中や通勤中の病気やケガに対する補償を行ってくれます。仕事で万が一の場合が、あった場合の生活保障を行ってくれます。

労働保険とは

社会保険手続きにおいて、労働者災害補償保険と雇用保険を労働保険と呼びます。

社会保険は便利な制度です。どんな社会保険の種類があるのか知ることが大切です。

次の記事

「社会保険の加入条件である適用事業所とは」

前の記事

「社会保険を理解するのに役立つ基本情報まとめ」

    
コメント