健康保険

健康保険は、健康保険法に基づく保険制度で、主に民間企業の従業員に適用されています。高額療養費、傷病手当金などもしもの病気・怪我に役立つ健康保険の情報を紹介します。

  • 健康保険を理解するのに役立つ基本情報まとめ

    健康保険を理解するには、保険者、被保険者などの基本情報、健康保険料の計算、健康保険で受けることが出来る給付内容、医療費節約のポイントを理解することが大切です。健康保険の理解に役立つ基本情報をまとめました。 健康保険の基本 健康保険の保険者、被保

  • 健康保険は事業所単位で加入。「強制適用事業所」と「任意適用事業所」

    健康保険は、個人や企業単位で加入しているのではなく、事業所単位で加入します。健康保険への加入が義務付けられている事業所を「強制適用事業所」と言います。健康保険への加入は義務付けられていない事業所を「任意適用事業所」と言います。それでは、健康保険の加入条件につい

  • 先進医療、保険診療、自由診療の基本を理解しよう!

    よくわかりづらい、先進医療、保険診療、自由診療の違いを紹介します。 先進医療 先進医療とは保険対象にするかどうかを評価する実験段階の医療のことです。よく、難病や不治の病を治すには、先進医療が必要と思われています。しかし、先進医療は決して夢の治療

  • 整骨院、接骨院で使える健康保険の適用範囲とは

    整骨院、接骨院の看板で「健康保険使えます」というキャッチコピーを見たことはありませんか? 確かに、健康保険は使えるのですが、使えないケースもあります。今回は、整骨院、接骨院で使える健康保険の適用範囲を紹介します。 健康保険が適用される対象 整骨

  • 海外での医療費が戻ってくる「海外療養費」制度の計算方法と注意点

    海外で日本の保険は使うことができません。そのため、海外旅行先で万が一病気になってしまった場合の医療費は全額自己負担となってしまいます。しかも、海外の医療費はかなり高額です。しかし、日本の健康保険にはもしもの医療費をカバーするために、海外療養費制度があります。

  • 漢方薬にも健康保険は使える!? 知って得する健康保険

    漢方薬は健康保険が使えないと考えている人は多いのではないでしょうか? 実は、漢方薬はある条件を満たしていれば保険が適用されます。 漢方薬は健康保険が適用されるという事実 漢方薬は、1967年から健康保険が使えるようになりました。ただし、漢方薬局

  • 家族の医療費が10万円を超えたら「医療費控除」で減税しよう!

    医療費控除は、医療費が10万円以上かかった場合に所得税を減税する制度です。1年間に支払った家族全員の医療費が10万円を超えた場合に、医療費控除を受けることができます。 確定申告時に医療費控除 家族全体の医療費が10万円を超えた場合、確定申告の際

  • 健康保険と国民健康保険の違い。被扶養者、傷病手当金、出産手当金は健康保険だけのメリット!

    健康保険は国民健康保険より保障が手厚い保険です。健康保険と国民健康保険の違いを見ると、健康保険のすごさに気づきます。 健康保険だけのメリット 会社員の健康保険には、被扶養者という制度があり、被扶養者になると保険料の負担なしで健康保険に加入するこ

  • 最大5万円の葬儀費用がもらえる「埋葬料」と「埋葬費」

    健康保険には、葬儀費用を支給する埋葬料という制度があります。申請すると、5万円の葬儀費用を受け取ることができます。 埋葬料 健康保険の被保険者が業務外で死亡した場合、その被保険者により生計を維持され、埋葬を行う人に対し埋葬料が支払われます。自殺

  • 慢性腎不全、血友病、HIVは月1万円の自己負担で治療ができます! 高額長期疾病になっても安心の医療制

    慢性腎不全、血友病、HIVとなってしまった場合、長期の治療が必要となるため、医療費はかなりの高額となってしまいます。しかし、慢性腎不全、血友病、HIVとなってしまった場合は、月1万円の自己負担で治療をすることができます。高額長期疾病になっても安心の医療制度を紹

  • 「移送費」は緊急的に移送する必要があった場合に受け取れます!

    病気やケガなどで、移動が困難な患者が医師の指示によって、もしくは緊急的に移送する必要があった場合には、移動にかかった費用を健康保険から「移送費」として受け取ることができます。 移送費の支給条件 1. 移送の目的である療養が、保険診察として適切で

  • 自宅療養で訪問看護自宅を受けるときに負担を下げる「訪問看護療養費」

    自宅で療養をうけることになったとき心配になるのが訪問看護の医療費です。自宅で療養する時に役立つのが「訪問看護療養費」です。 訪問看護療養費とは 在宅で継続して療養を受ける必要がある人が、かかりつけの医師の指示に基づき、指定訪問看護事業者(訪問看

  • 保険診療と保険外診療が併用できる「保険外併用療養費」

    健康保険では、保険が適用されない保険外診療があると保険が適用される診療も含めて、医療費の全額が自己負担となります(混合診療禁止の原則)。ただし、保険外併用療養費制度を利用すれば、通常の治療部分には保険が適用されるようになります。 保険外併用療養費

  • 65歳以上の長期療養のための「入院時生活療養費」

    65歳以上の人が療養病床(長期にわたり療養が必要な患者のための病床。通常の入院は一般病床)に入院する場合、療養の給付とあわせて、食事の提供である療養と温度、照明及び給水に関する適切な療養環境の形成である療養にかかる費用として、入院時生活療養費が支給されます。

  • 入院したら1食260円!? 入院時食事療養費

    病気やケガなどで入院した場合、療養の給付と一緒に食事の給付を受けることができます。このことを入院時食事療養費といい、入院時の食事料金も自己負担額を支払うだけでよくなります。 入院時食事療養費の負担額 入院すると朝、昼、晩とごはんが出てきます

  • 扶養家族も健康保険が受けられる「家族療養費」

    健康保険の被扶養者が病気やケガをした場合、家族療養費が支給されます。被保険者と同じ保険内容を受けることができます。このことを家族療養費と言います。 家族療養費とは 家族療養費は被保険者が受ける療養の給付、療養費、入院時生活療養費、入院時食事療養

  • 保険証がまだ届かないときに役立つ! 医療費の一部が戻ってくる「療養費」

    健康保険は、窓口で保険証を提示して保険を受ける(療養の給付)ことが基本です。しかし、就職したばかりでまだ保険証が届いていなかったり、急な病気になった時に近くに保険医療機関がない場合などやむを得ない事情の場合は、保険が受けれず医療費を窓口で全額負担することになり

  • 健康保険に医療費を負担してもらえる「療養の給付」

    普段保険を利用して病院が使うことができます。このことを療養の給付といいます。健康保険の被保険者が業務以外の事由により病気やけがをしたときは、健康保険で治療を受けることができます。普段安心して病院で治療を受けることが出来るのは、療養の給付があるからです。

  • 保険料の負担なしに健康保険に加入できる! 被扶養者になる条件

    健康保険の被保険者の家族も健康保険に加入することができます。一定の条件を満たせば、健康保険料の負担をすることなく健康保険の被扶養者になれます。 被扶養者のメリット 被扶養者になると、健康保険料を負担することなく健康保険を受けることができます。国

  • 56種類の難病の医療費負担を補助する特定疾患治療研究事業

    難病にかかると治療期間が長引くため、高額療養費による医療費の上限があっても負担が大きくなり家計を圧迫します。このような高額な医療費に苦しむ難病患者を支援する制度が「特定疾患治療研究事業」。 特定疾患治療研究事業 難治性疾患克服研究事業は、国が難

1 / 2 1 2 最後 »