健康保険を受けるために必要な保険証

日本の健康保険は、国民健康保険、健康保険などがあります。健康保険に加入すると保険証が送られてきます。この保険証がないと保健を受けることができません。


保険証

健康保険の保険証は青色のカードです。氏名、生年月日、保険者名などが記載されています。

身分証明にもなる保険証

保険証は、保健以外にも身分証明証の代わりになります。健康保険証をもらったら、裏面の住所欄に住所を書いて大切に保管しましょう。

保険証がないと保健適用されない

保険証がないと、診療を受けるときに保険診療が受けられない場合もあります。病院は、患者がどの保健に加入しているのか、保険証で確認しているからです。病院に行く際は、保険証を持っているかどうか必ず確認しましょう。ただし、保険証を紛失した場合などは、医療費を全額支払った後に、立て替え払いをすることで健康保険が本来負担する金額が戻ってきます。

1人1枚

健康保険の保険証は、被扶養者も含め、1人1枚となっています。例えば、家族が3名いれば3枚保険証が存在します。

保険証を紛失したら?

保険証を紛失したら、すぐに手続きをしましょう。加入している保険窓口に連絡し、紛失手続きと再発行手続きを行いましょう。

次の記事

「健康保険の2つの保険者」

前の記事

「健康保険を理解するのに役立つ基本情報まとめ」

    
コメント