健康保険の被保険者になる条件、手続き

健康保険は、事業所単位で適用されています。ほとんどの会社は健康保険に強制的に加入しています。そのため、会社に入社すると、自動的に健康保険の被保険者となります。


健康保険の被保険者になる条件

健康保険の被保険者になるには、健康保険の適用事業所で働くことが条件となります。特に難しい手続きはなく、会社で働くと自動的に健康保険の加入者となります。また、健康保険に加入すると同時に厚生年金にも加入します。

参考リンク

「社会保険の被保険者」

適用除外

適用事業所に使用されても被保険者になれない人のことを適用除外といいます。健康保険に加入できない場合は、船員保険・国民健康保険など他の医療保険に加入します。

1. 船員保険の被保険者
2. 所在地が一定しない事業所に使用される人
3. 国民健康保険組合の事業所に使用される人
4. 健康保険の保険者、共済組合の承認を受けて国民健康保険へ加入した人
5. 後期高齢者医療の被保険者等

被保険者が日雇い労働者の場合、法第3条第2項の規定による被保険者となります。

1. 臨時に2ヶ月以内の期間を定めて使用され、その期間を超えない人
2. 臨時に日々雇用される人で1ヶ月を超えない人
3. 季節的業務に4ヶ月を超えない期間使用される予定の人
4. 臨時的事業の事業所に6ヶ月を超えない期間使用される予定の人

日雇い労働者の場合は、通常の健康保険と手続きや仕組みに違いがあります。

参考リンク

「日雇い労働者の健康保険」

被保険者の手続き

健康保険の被保険者になる時、退職により被保険者でなくなる場合は、健康保険の手続きが必要となります。被保険者は特に手続きを行う必要はありません。年金事務所に事業主が届け出などの手続きを行います。

被保険者になる日(資格取得日)

1. 適用事業所に使用されるようになった日
2. 使用されている事業所が適用事業所となった日
3. 被保険者から適用除外される事由に該当しなくなった日
4. 任意適用事業所として認可された日

被保険者でなくなる日(資格喪失日)

1. 適用事業所に使用されなくなった日の翌日
2. 被保険者から適用除外される事由に該当した日の翌日
3. 任意適用事業所が任意脱退の認可を受けた日の翌日
4. 死亡した日の翌日

ただし、資格喪失日の前日(1、2、3)に、他の事業所で使用されて被保険者となったときは、その日に被保険者でなくなります。

任意継続被保険者

会社を退職すると、基本的に健康保険の資格はなくなりますが、会社が負担していた保険料を自身で負担することになりますが、任意で健康保険を継続することができます。

参考リンク

「任意継続被保険者」

パートタイマーと健康保険

労働時間が正社員の4分の3以上になると強制的に、健康保険に加入となります。事業者、パートタイマーともに負担が増えてしまうことがあるので、パートタイマーの労働時間は正社員の4分の3以下にするようにしましょう。

次の記事

「健康保険が国民健康保険より優れている理由」

前の記事

「健康保険は事業所単位で加入。強制適用事業所と任意適用事業所」

    
コメント