日雇労働者が健康保険に加入する条件

日雇労働者は、その日ごとに働く場所が変わる日単位で働く労働者です。日雇い労働者は健康保険に加入することが出来るのでしょうか?


日雇労働者とは

日雇労働者には、4つの形態があります。

1. 臨時に2ヶ月以内の期間を定めて使用され、その期間を超えない人

同じ事業所で所定の期間を超えて引き続き雇用される場合は、一般被保険者になる。

2. 臨時に日々雇用される人で1ヶ月を超えない人

同じ事業所で1ヶ月を超えて引き続き雇用される場合は、一般被保険者になる。

3. 季節的業務に4ヶ月を超えない期間使用される予定の人

海の家、スキー場などリゾート系など季節的業務に使用される者が、当初から4ヶ月を超える予定で雇用される場合は、一般被保険者となる。

4. 臨時的事業の事業所に6ヶ月を超えない期間使用される予定の人

当初から継続して6ヶ月を超える予定で雇用される場合は、一般被保険者となる。

このように、日雇い労働者でもある期間を超えた段階で、健康保険に加入することができます。

次の記事

「任意継続被保険者の手続きと保険料」

前の記事

「健康保険料の計算方法」

    
コメント