海外での医療費が戻ってくる「海外療養費」制度の計算方法と注意点

海外で日本の保険は使うことができません。そのため、海外旅行先で万が一病気になってしまった場合の医療費は全額自己負担となってしまいます。しかも、海外の医療費はかなり高額です。しかし、日本の健康保険にはもしもの医療費をカバーするために、海外療養費制度があります。


海外療養費が適用されないケース

まず、海外療養費はあくまで海外先で偶然起きた病気やケガによる治療により発生した医療費のみ対象となります。最初から移植手術などの治療目的で海外に行った場合は、海外療養費が適用されません。また、日本で健康保険が適用されない診療である、美容整形や歯科矯正や差額ベッド代も適用されません。また、第三者による交通事故やケンカの場合も適用されません。

海外の医療費は高い!

日本に住んでいるとわからなくなりますが、日本の医療費制度は非常に整っています。保険負担があるため、負担する医療費は非常に低くなっています。しかし、アメリカなど海外では医療費が高い国は多くなっています。実際に数百万円から数千万円の高額な医療費請求をされるケースもあります。

海外療養費で戻る金額の計算方法

日本と海外で受けた医療費には差があります。まず、海外の医療機関で受けた医療費を計算します。そして、同様の治療を日本で受けた場合の医療費を計算します。日本と海外の総額医療費を比較して、低い金額から日本での健康保険の自己負担額をマイナスした金額が払い戻しされます。注意点としては、海外で支払った医療費は戻ってくるわけではありません。具体例をみてみましょう。

たとえば、海外で100万円の医療費がかかっても、日本では50万円の医療費で済んだ場合は、健康保険の負担が3割とすると本来の自己負担額は15万円です。この場合、健康保険が負担する7割分のお金35万円が戻ってきます。しかし、海外で支払った100医療費は戻ってきません。この場合、負担した合計金額は、「100万ー35万円=65万円」となります。本来、15万円の負担のところが65万円と高くなっています。海外の医療費が日本の医療費より高ければ高いほど自己負担額は上がります。

逆に、海外の医療費が100万円かかり、日本では150万円と日本のほうが高い場合は、海外の医療費で計算されます。日本での健康保険料の負担が3割とすると本来の自己負担額は、30万円です、この場合、健康保険が負担する7割分のお金70万円が戻ってきます。そのため、「100万円ー70万円=30万円」の医療費がかかったことになります。つまり、海外の医療費が日本の医療費より安い場合は、自己負担額で損をすることはありません。

海外医療費申請方法

海外療養費の申請は、事前の準備が大切です。まず、市区町村の窓口で診療内容証明書と領収明細書をもらいます。ホームページでダウンロードすることもできます。海外で治療を受けた場合は、この書類に診療内容を書いてもらいます。帰国後に、診療内容証明書、領収明細書などの必要書類を健康保険の窓口に提出します。大体約2ヶ月後に海外医療費を受け取ることができます。海外医療費には2年という時効があるので早めに手続をしましょう。海外医療費の申請は、初めての場合はわからないことだらけです。申請方法がよくわからない場合は、窓口の人に相談をしましょう。

海外旅行保健も検討しよう

海外療養費制度がありますが、日本の医療費より高額の医療費となった場合、自己負担額は相当大きくなります。海外旅行に行く前に民間の海外旅行保険の加入も検討するとよいでしょう。また、JALカード、ANAカードなどクレジットカードによっては海外旅行保険が最初からついているカードもあります。海外で病気になってしまった時に役立ちます。事前に確認しておきましょう!

次の記事

「整骨院、接骨院で使える健康保険の適用範囲とは」

前の記事

「漢方薬にも健康保険は使える!? 知って得する健康保険の裏技」

    
コメント