整骨院、接骨院で使える健康保険の適用範囲とは

整骨院、接骨院の看板で「健康保険使えます」というキャッチコピーを見たことはありませんか? 確かに、健康保険は使えるのですが、使えないケースもあります。今回は、整骨院、接骨院で使える健康保険の適用範囲を紹介します。


健康保険が適用される対象

整骨院や接骨院で骨折、脱臼、打撲及び捻挫(いわゆる肉ばなれを含む)の施術を受けた場合に保険の対象になります。
なお、骨折及び脱臼については、緊急の場合を除き、あらかじめ医師の同意を得ることが必要です。

健康保険が適用されない対象

肩こり
マッサージ
スポーツによる筋肉痛
過去の交通事故などの後遺症
医師の同意のない骨折や脱臼の治療(応急処置を除く)

など、自分の疲れや肩こりを治すための利用では健康保険は適用されません。外傷性の負傷の場合のみ健康保険が適用されます。

健康保険を使う場合の支払い方法

整骨院、接骨院で健康保険を使う場合、いったん患者が全額を支払い、あとで患者自身が健康保険に申請して7割を払い戻してもらうのが原則です。また、整骨院、接骨院が医療費の7割を健康保険に請求する受領委任という方法もあります。委任状にサインすることで、3割の自己負担で治療を受けられるようになります。

架空・水増し請求に注意しよう

健康保険が適用されない保険がきかない肩こり、マッサージ、スポーツによる筋肉痛でも健康保険が使えると言われるときがあります。これは社会問題ともなっている架空請求、水増し請求に当たります。「本当は保険使えないんだけど健康保険扱いにして料金安くするよ」と言われたら注意して下さい。

きちんと健康保険が適用される場合のみ、保険を使うようにしましょう。

次の記事

「家族の医療費が10万円を超えたら「医療費控除」で減税しよう!」

前の記事

「海外での医療費が戻ってくる!? 健康保険の海外療養費」

    
コメント