扶養家族も健康保険が受けられる「家族療養費」

健康保険の被扶養者が病気やケガをした場合、家族療養費が支給されます。被保険者と同じ保険内容を受けることができます。このことを家族療養費と言います。


家族療養費とは

家族療養費は被保険者が受ける療養の給付、療養費、入院時生活療養費、入院時食事療養費をまとめた給付のことを言います。被保険者と同じ内容で給付を受けることができます。

それ以外にも、被扶養者は、高額療養費、高額介護合算療養費、家族埋葬料、家族育児出産一時金を受けることができます。

被扶養者の自己負担額

被扶養者の自己負担額は、小学生になるまでは2割、小学生以上70歳未満は3割、70歳以上の者は1割(本来は2割ですが暫定措置による。現役並み所得者は3割)となっています。

次の記事

「入院時食事療養費」

前の記事

「保険証がまだ届かないときに役立つ! 医療費の一部が戻ってくる「療養費」」

    
コメント