入院したら1食260円!? 入院時食事療養費

病気やケガなどで入院した場合、療養の給付と一緒に食事の給付を受けることができます。このことを入院時食事療養費といい、入院時の食事料金も自己負担額を支払うだけでよくなります。


入院時食事療養費の負担額

入院すると朝、昼、晩とごはんが出てきますよね。通常1食あたり260円の自己負担額が必要となります。これはどこの病院でも同じ金額を支払えばよくなります。もし、1食あたり1,000円だとちょっと家計へのダメージが大きくなりますよね。患者が負担する食事料金を標準負担額といいます。

「入院時食事療養費=厚生労働大臣の基準による食事療養費ー平均家計の食費から計算した標準負担額」

から計算されます。このように、入院時の食費も健康保険の給付内容となっています。

標準負担額

標準負担額は、所得などの条件により金額が変化します。

1. 一般の場合、1食につき260円

2. 住民税の非課税対象者の場合、1食につき210円

3. 住民税の非課税対象者かつ過去1年間の入院日数が90日を超えている場合、1食につき160円

4. 住民税の非課税対象者かつ所得が一定基準に満たない70歳以上の高齢受給者の場合、1食につき100円

ただし、標準負担額を下げる場合には、「健康保険限度額適用・標準負担額減額認定申請書」に被保険者証と低所得の証明書を添付して、全国健康保険協会の都道府県支部に提出することが必要です。申請が認められると「健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証」が交付されます。入院する場合は、病院の窓口で保険証とと認定証を一緒に提出すればOKです。

高額療養費は対象外

入院時食事療養費で支払った自己負担額は、高額療養費の対象外となります。

参考リンク

「高額療養費」

次の記事

「入院時生活療養費」

前の記事

「家族療養費」

    
コメント