出産で休んでも安心! 働く女性のための「出産手当金」

女性が出産のために会社を休む場合は、健康保険から「出産手当金」を受け取ることができます。


出産手当金とは

女性が妊娠や出産のために会社を休んだ場合、給料の支払がない場合に、出産手当金を受け取ることができます。出産手当金申請後にもらえます。

出産手当金を受け取れる日数

出産の日(出産が予定日より後になった場合は出産予定日)以前の42日(多胎妊娠の場合98日)から出産の翌日以後56日目までで、会社を休んだ期間を対象に出産手当金を受け取ることができます。出産日は出産の日以前の期間で計算されます。また、出産が予定日より遅れた場合、その遅れた期間分も出産手当金を受け取ることができます。

また、出産日が変わるともらえる金額が変わります。出産が予定より遅れてしまった場合、その分出産手当金が支給される日数が長くなり、出産が予定より早まった場合は、出産手当金の支給される日数が短くなります。

対象となる休業期間に働くことができたとしても、出産手当金が受け取れる期間に休めば、出産手当金を受け取ることができます。どちらにせよ、子供の安全を第一に考え出産手当金が受け取れる期間は休むようにしましょう。収入も2/3補償されます。

出産手当金でもらえる金額

標準報酬日額の3分の2の金額をもらうことができます(1円未満四捨五入)。

「標準報酬日額=標準報酬月額÷30」(10円未満四捨五入)

で標準報酬日額を計算することができます。職場から給料の一部が支払われている場合の出産手当金は、差額分だけが支払われます。

資格喪失(退職)後に出産手当金が受け取れる条件

出産手当金をもらえるのは、原則的に1年以上の女性です。ただし、一定の条件を満たしていれば退職後でも出産手当金を受け取ることができます。

1. 退職日の前日までにが被保険者期間が1年以上
2. すでに出産手当金を受け取っている
3. 退職日は休んでおり、出産手当金を受け取れる場合(出勤していたら受け取れません)

出産予定日前の42日目以降に出産休暇(産休)に入ってから退職手続きをすれば、退職後も出産手当金を受け取ることができます。ただし、退職日に出社するともらえるはずの出産手当金がもらえなくなるので注意しましょう!

出産手当金の手続き

産休に入る前に、「健康保険出産手当金支給申請書」をもらいましょう。出産後、医師、勤務先に必要情報を記入してもらったあとに、会社もしくは保険事務所に提出します。わからない場合は、担当者に聞いてみましょう。出産手当金は、書類提出後1〜2ヶ月後に指定口座に振り込まれます。

次の記事

「漢方薬にも健康保険は使える!? 知って得する健康保険の裏技」

前の記事

「出産育児一時金」

    
コメント