急な病気やケガで給料がもらえないときに役立つ「傷病手当金」

急な病気で入院をすることになり、その間給料がもらえないと非常に困りますよね。そんな時に役立つのが、健康保険の傷病手当金です。病気やケガにより収入がなくなってしまうあいだの所得補償をしてくれます。


傷病手当金とは

健康保険に加入しているサラリーマンは、病気やケガで連続して3日間会社を休むと、4日目以降の休んだ日から傷病手当金が受け取れます。

傷病手当金でもらえる金額

1日あたり標準報酬日額の3分の2の金額がもらえます(標準報酬月額/30で計算)。休んでいる間の給与が傷病手当金の額より少ない場合は、傷病手当金と給与の差額が支給されます。もらえる期間は1年6ヶ月が限度です。有給休暇を利用するともらえないので注意してください! とゆうか利用しないほうが金額は2/3になりますが、お得です。

傷病手当金がもらえる4つの条件

傷病手当金は、以下の4つの条件をすべて満たしたときに支給されます。

1. 業務外の病気やケガであること

業務や通勤途中の場合は、労災で対応します。また、美容整形、歯科矯正などの健康保険の対象とならないものは、傷病手当金の対象外です。

2. 仕事ができないこと

仕事ができない状態の判断は、医師の意見と被保険者の仕事の内容から判断されます。

3. 4日以上休んでいること

療養のため仕事を休んだ日から連続して3日間(待期期間)の後、4日目以降の休みから支給されます。待期期間は、有給休暇、土日・祝日などの公休日も含まれます、

また、働いている途中に業務外の理由で発生した病気やケガで仕事ができない状態になった場合は、その日から、仕事が終わった後に仕事ができない状態になった場合は、翌日から1日と計算されます。

4. 給料の支払いがないこと

傷病手当金自体が、業務外の理由による病気やケガで休業している期間の生活保障を行う制度のため、給与が支払われている間は、傷病手当金は支給されません。ただし、給与の支払いが傷病手当金よりも少ない場合は、差額が支給されます。

資格喪失後の継続給付

病気やケガが原因で退職となった場合でも、傷病手当金を引き続き受け取ることができます。ただし、

1. 退職日の前日まで、被保険者期間が1年以上あること。

2. 被保険者資格喪失日の前日に傷病手当金を受けている、もしくは傷病手当金を受ける条件を満たしている。

この2つの条件を満たしている場合、引き続き傷病手当金を受け取ることができます。では、傷病手当金を受けることができる条件をみていきましょう。

1. 出産手当金を受けるとき

傷病手当金と出産手当金を同時に受けられるときは、出産手当金が優先して支給されます。

2. 資格喪失後に老齢年金を受けるとき

資格喪失後に傷病手当金の継続給付を受けている人が老齢年金を受けると、傷病手当金を受け取ることができません。ただし、老齢年金の金額の360分の1が傷病手当金の日額より低いときは、その差額が支給されます。

3. 障害年金を受けるとき

同じ病気やケガにより障害年金を受ける場合、傷病手当金を受け取ることができません。ただし、障害年金の金額の360分の1が傷病手当金の日額より低いときは、その差額が支給されます。

4. 傷病手当金を受けるとき

厚生年金保険法による障害手当金を受ける場合、傷病手当金が、障害手当金の金額以上の場合、傷病手当金を受け取ることができません。ただし、傷病手当金が傷病手当金より低い金額の場合は、差額支給が受けられます。

5. 労災保険の休業補償を受けるとき

労災保険から休業補償を受けている間、傷病手当金を受け取ることができません。ただし、休業補償が傷病手当金より安いときは、その差額が支給されます。

傷病手当金は、健康保険にある素晴らしい制度です。国民健康保険では、傷病手当金がないため、もしものときの所得保障がありません。健康保険の素晴らしさがわかる制度となっています。

次の記事

「申請すると葬儀費用がもらえる! 埋葬料と埋葬費」

前の記事

「病気やケガでどうしても移動できない時に役立つ 移送費」

    
コメント