慢性腎不全、血友病、HIVは月1万円の自己負担で治療ができます! 高額長期疾病になっても安心の医療制

慢性腎不全、血友病、HIVとなってしまった場合、長期の治療が必要となるため、医療費はかなりの高額となってしまいます。しかし、慢性腎不全、血友病、HIVとなってしまった場合は、月1万円の自己負担で治療をすることができます。高額長期疾病になっても安心の医療制度を紹介します。


高額長期疾病とは

慢性腎不全(人工透析)、血友病、HIVは高額長期疾病(特定疾病)の対象です。厚生労働省のデータによると、慢性腎不全になった場合、人工透析を受ける必要があり、1ヶ月あたりの医療費は約40万円になります。血友病になった場合も、1ヶ月あたり約30万円とかなりの高額になってしまいます。HIV治療も薬との相性にもよりますがかなり高額な医療費となります。高額療養費の多数回該当はもちろん適用されますが、毎月の支払いとなるためこれらの患者の負担が非常に重くなっていました。

特定疾病療養受領証

そこで、慢性腎不全、血友病、HIVのように高額な治療費を一生払い続けなければならない患者は、高額長期疾病(特定疾病)の対象になり、高額療養費の自己負担限度額がさらに安くなります。

慢性腎不全、血友病、HIVになった場合、加入している健康保険で「特定疾病療養受療証」を発行してもらうと、月1万円(月額標準報酬が53万円を超える場合は2万円)の自己負担で治療を受けられます。

次の記事

「病気やケガでどうしても移動できない時に役立つ 移送費」

前の記事

「56種類の難病の医療費負担を補助する特定疾患治療研究事業」

    
コメント