国民年金

国民年金は、日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満のすべての人に加入する年金です。老齢・障害・死亡により「基礎年金」を受けることができます。国民年金は、年金制度の基礎部分となります。国民年金の保険料の免除や方法、付加年金など国民年金に関する情報を紹介しています。

  • 国民年金だけのお得な年金制度「付加年金」

    付加年金制度は、毎月支払う保険料に400円プラスするだけで年金の手取り額を増やすことができるお得な年金制度です。意外と知らない人が多いこの「付加年金」制度について紹介します。 付加年金制度で年金受給額が増額! 第1号被保険者・任意加入被保険者が

  • 第1号被保険者のための「国民年金基金」

    国民年金基金は、国民年金の加入者にとって、厚生年金や共済年金の2階部分の代わりとなる制度です。保険料負担は大きくなりますが、多くの年金を受け取ることができます。 加入条件 国民年金の第1号被保険者で、20歳以上60歳未満の方が加入することができ

  • 国民年金の保険料免除・納付猶予の申請の注意点

    国民年金保険料を支払えない時に役立つ、保険料免除・納付猶予の申請の注意点を紹介します。 申請先 免除申請の申請先は、住所地の市区町村役場の、国民年金窓口です。 失業時の申請の注意点 特に、申請で注意したいのは、失業した直後です。

  • 国民年金の保険料が支払えないときの「保険料免除・納付猶予」制度

    国民年金の保険料は、毎月15,040円(平成25年度)となります。しかし、収入の減少や失業などが原因で国民年金保険料が支払えないケースもあります。将来年金もらえるかわからないし、まいっか! と放っておいてはいけません。国民年金は、老後の年金だけでなく、死亡した

1 / 1 1