65歳後半、70歳以降の在職老齢年金の計算方法

在職老齢年金は、65歳後半、70歳以降で計算方法が変わります。


65歳以降の在職老齢年金の計算方法

基本月額の考え方が60歳前半の定義と異なります。

基本月額

加給年金額を除いた老齢厚生年金(報酬比例部分)の月額

総報酬月額相当額(60歳後半)

その月の標準報酬月額+(その月以前1年間の標準賞与額の合計÷12)

総報酬月額相当額(70歳以上)

その月の標準報酬月額に相当する額+(その月以前1年間の標準賞与額の合計に相当する額÷12)

*70歳以上は、厚生年金保険の被保険者ではなくなるため

在職老齢年金の計算方法

それでは、65歳以降の在職老齢年金の計算方法を紹介します。

1. 基本月額と総報酬月額相当額の合計額が46万円以下

受け取ることができる年金額=全額支給

2. 総報酬月額相当額が46万円以下かつ基本月額が46万円以上

受け取ることができる年金額=基本月額ー(基本月額+総報酬月額相当額)÷2

65歳以降の在職老齢年金5つの注意点

60歳前半までの注意点にさらに3つプラスされます。

1. 厚生年金基金に加入していた期間がある場合は、厚生年金基金に加入しなかったと仮定して計算した老齢厚生年金の年金額をもとに基本月額を算出します。

2. 年金支給月額がマイナスになる場合は、年金は全額支給停止となり、加給年金額も支給停止となります。

3. 昭和12年4月1日以前生まれの方は、調整対象にはありません。

4. 老齢基礎年金および経過的加算額は全額支給となります。

5. 70歳以上は、厚生年金保険の被保険者ではなくなるため、保険料負担はありません。

65歳以降も働くときは、受け取ることができる年金額を考えながら働きましょう!

次の記事

「厚生年金独自の「加給年金」と「振替加算」」

前の記事

「60歳前半の在職老齢年金の基本」

    
コメント