雇用保険と老齢厚生年金の併用はできるの?

特別支給の老齢厚生年金と雇用保険の失業手当は同時には受けることができません。また、特別支給の老齢厚生年金を受けている場合、雇用保険の高年齢雇用継続給付を受るときは、在職による年金の支給停止に加えて年金の一部が支給停止されます。


雇用保険の高年齢雇用継続給付

雇用保険の高年齢雇用継続給付とは、雇用保険の被保険者期間が5年以上ある60歳以上65歳未満の雇用保険の被保険者に対して、賃金額が60歳到達時の75%未満となった人を対象にした、最高で賃金額の15%に相当する額を支給する給付です。

特別支給の老齢厚生年金を受ける人が、雇用保険の高年齢雇用継続給付(高年齢雇用継続基本給付金・高年齢再就職給付金)を受けるときは、仕事をしていること(在職)による年金が受け取れないだけでなく、年金の一部を受け取ることができなくなります。最高で賃金(標準報酬月額)の6%を受け取ることができなくなります。

雇用保険の失業給付

雇用保険の失業給付を受けている間は、65歳になるまでの特別支給の老齢年金を受け取ることはできません。

雇用保険と老齢厚生年金は、相反する制度です。雇用保険は、労働を保障し、老齢厚生年金は、老後を保障します。特別支給の老齢厚生年金が受け取れる人は、60歳以降の仕事と雇用保険の関係に注意した上で働くようにしましょう。

次の記事

「老齢年金をもらうための手続き」

前の記事

「厚生年金独自の「加給年金」と「振替加算」」

    
コメント