老齢厚生年金の繰上げ受給

老齢厚生年金は、今後65歳からの支給に統一されますが、それまでの間、あてにしていた年金収入以外、収入源がない人のために、老齢厚生年金の支給開始時期を60歳~64歳までの間で早めることができます。ただし、老齢基礎年金と同時に繰上げ受給を行う必要があります。


老齢厚生年金の減額率

老齢厚生年金の減額率も、月単位で計算されます。老齢基礎年金と同じく、1月で0.5%の減額率が加算されます。全部繰り上げで30%の減額となります。

老齢基礎年金も同時に繰上げ請求

老齢厚生年金単体を繰上げ請求することはできません。同時に老齢基礎年金の繰上げ請求することが必要です。

老齢厚生年金の65歳問題

もともと厚生年金保険は60歳(女性は55歳)から支給されていました。しかし、昭和61年の改正により、すべての年金の支給開始年齢を国民年金の支給開始年齢である65歳に統一することとなりました。現在は、その経過措置の段階です。これからは、65歳にならないと老齢年金を受け取ることはできなくなります。

60才の退職後、再就職先や嘱託社員など、年金がもらえるまでの期間の収入がない人は繰上げ受給を検討して下さい。

次の記事

「波平さんは「60歳で繰上げ受給か、65歳まで待つべきか」」

前の記事

「老齢基礎年金の繰上げ受給」

    
コメント