60歳を過ぎて働いたら年金はどうなる? 60歳前半の在職老齢年金の計算方法

厚生年金の受給開始年齢が65歳となったため、60歳以降も働く人が増えています。でも、働いた場合の年金はどう扱われるのでしょうか? 60歳前半の在職老齢年金の基本的な考え方や計算方法を紹介します。


在職老齢年金とは

70歳未満の人が会社に就職し厚生年金保険に加入した場合や、70歳以上の人が厚生年金保険の適用事業所で働く場合は、老齢厚生年金の額と給与や賞与の額(総報酬月額相当額)に応じて、年金の一部または全額を受け取ることができないケースがあります。これは、在職老齢年金という制度が原因です。

在職老齢年金の計算方法

在職老齢年金は60歳前半と60歳後半(70歳以上)で計算方法が変化します。今回は、60歳前半における用語の意味を紹介します。

基本月額

加給年金額を除いた特別支給の老齢厚生年金の月額

総報酬月額相当額

その月の標準報酬月額+(その月以前1年間の標準賞与額の合計÷12)

60歳から65歳未満の在職老齢年金の計算方法

給料が高くなると、もらえるはずの年金額が減ってしまいます。

1. 基本月額と総報酬月額相当額が28万円以下

年金は、全額支給

2. 総報酬月額相当額が46万円以下かつ基本月額が28万円以下

もらえる年金額=基本月額ー(総報酬月額相当額+基本月額ー28万円)÷2

3. 総報酬月額相当額が46万円以下かつ基本月額が28万円以上

もらえる年金額=基本月額ー(総報酬月額相当額÷2)

4. 総報酬月額相当額が46万円以上かつ基本月額が28万円以下

もらえる年金額=基本月額ー{(46万円+基本月額ー28万円)÷2+(総報酬月額相当額ー46万円)}

5. 総報酬月額相当額が46万円以上かつ基本月額が28万円以上

もらえる年金額=基本月額ー{46万円÷2+(総報酬月額相当額ー46万円)}

60歳前半の在職老齢年金2つの注意点

1. 厚生年金基金に加入していた期間がある場合は、厚生年金基金に加入しなかったと仮定して計算した老齢厚生年金の年金額をもとに基本月額を算出します。

2. 年金支給月額がマイナスになる場合は、年金は全額支給停止となり、加給年金額も支給停止となります。

本来年金がもらえるのに、60歳を過ぎて働いている人は注意しましょう!

次の記事

「65歳後半、70歳以降の在職老齢年金の基本」

前の記事

「老齢年金の繰下げ受給」

参考本

「年金本」

    
コメント