年金の種類! 公的年金、企業年金、個人年金の違い

年金制度は老後の生活を守る大切な制度です。まずは、年金制度の基本である3つの年金制度を説明します。

3つの年金制度

日本の年金制度は運営者によって分類することができます。 1. 公的年金 2. 企業年金 3. 個人年金 の3つに分けることができます。国が運営する年金が公的年金、企業が運営する年金が企業年金、保険会社などの金融機関が運営する年金が個人年金です。企業年金と個人年金のことを私的年金と言います。

1. 公的年金

国が運営する年金が公的年金です。公的年金は、「老齢」「障害」「死亡」に備えるために運営されています。これらは誰もが直面する可能性のあるリスクです。国民年金、厚生年金保険、共済年金が公的年金です。

2階建の公的年金

公的年金は、2階建の年金制度となっています。年金の第一段階であり基本でもある国民年金は、20歳になった人全員が強制加入となります。年金制度は2階建て方式になっており、1階部分は国民年金から、2階部分は厚生年金保険または共済組合から年金が支給されます。

2. 企業年金

企業年金には、中小企業用の税制適格年金や、大企業用の厚生年金基金などがあります。企業年金は、従業員の福利厚生のために企業独自で運用されている年金です。高度経済成長期やバブル時代は、運用益が大きかったですが、現在は運用益がマイナスのケースも増えています。 1. 厚生年金基金 2. 確定給付企業年金 3. 自社年金 4. 確定拠出型年金 などが企業年金の具体例です。

3. 個人年金

個人年金は私的年金と呼ばれています。民間の金融機関が運営している個人年金保険などが代表例です。ただし、運用によってはプラスになることもマイナスにもなります。注意しましょう。 次の記事「公的年金制度の基本! 国民年金、厚生年金保険、共済組合の違い」 前の記事「年金はいつから、いくらもらえる?今からでも知っておきたい年金の知識」