年金の被保険者の種類

年金制度に加入する被保険者は、3種類あります。国民年金、厚生年金、共済年金などの年金組合の加入先などにより、第●号被保険者のように分類されます。


第1号被保険者

国民年金にのみ加入している人を第1号被保険者と言います。

対象者

自営業者、学生、フリーターなど

保険料の支払い

自分で支払い

第2号被保険者

厚生年金・共済年金の加入者が第2号被保険者となります。厚生年金は会社員、共済年金は公務員が加入します。第2号被保険者は、国民年金にも自動的に加入します。ついても被保険者(第2号被保険者)にもなります。

対象者

会社員、公務員など

保険料の支払い

事業所が支払いするため、労働者は何も手続きは必要なし

第3号被保険者

第2号被保険者の配偶者が第3号被保険者になります。第3号被保険者は保険料の負担なしに厚生年金、共済年金に加入できます。

対象者

第2号被保険者の配偶者で20歳以上60歳未満の人。ただし、年間収入が130万円以上になると、第1号被保険者となります。130万円の壁に注意しましょう!

参考リンク

「130万円の壁」

保険料の支払い

配偶者が加入する年金制度が負担するため、手続きの必要はなし

被保険者は第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者があります。自分がどの被保険者なのか知っておきましょう。

次の記事

「年金制度が抱えているのは「財政」と「倫理」の問題。」

前の記事

「国民年金、厚生年金の保険料」

    
コメント