遺族基礎年金が受け取れなくなる条件(失権)

遺族基礎年金を受け取れなくなる条件(失権)があります。再婚、死亡、子供が18歳以上になった場合などに遺族基礎年金を受け取ることができなくなります。それでは、詳しく見て行きましょう


妻、子供共通で遺族基礎年金を受け取れなくなるケース

1. 死亡したとき

2. 再婚したとき(事実婚も含みます)
→結婚後に離婚しても、一度失権しているので、再度遺族基礎年金を受け取ることはできません。

3. 直系血族又は直系姻族以外の養子となったとき

4. 離縁したとき

妻が遺族基礎年金を受け取れなくなるケース

妻が遺族基礎年金を受け取れなくなるケースを具体的に見て行きましょう。基本は、再婚、子供の死亡・養子、子供すべてが18歳(障害がある場合は20歳)になった場合です。

1. 妻の子供すべてが死亡した時
2. 妻の子供すべてが婚姻した時
3. 妻の子供すべてが養子になった時
4. 妻の子供すべてが、18歳に達した日以後の最初の3月31日が終了した時(ただし、子が1級または2級障害に該当している場合は除く)
5. 妻の子供すべてが、18歳に達した日以後の最初の3月31日が終了した後で、20歳になるまでの間に1級または2級障害の状態でなくなった時
6. 1級または2級障害の状態にある妻の子すべてが、20歳になった時

などのケースで遺族基礎年金を受け取ることができなくなります。

子供が遺族基礎年金を受け取れなくなるケース

母親がいない子供も遺族基礎年金を受け取ることができます。しかし、子供が18歳(障害を持っている場合は20歳)以上になると遺族基礎年金を受け取ることができなくなります。

1. 子が、18歳に達した日以後の最初の3月31日が終了した時(ただし、1級または2級障害に該当している場合は除く)
2. 子が、18歳に達した日以後の最初の3月31日が終了した後で、20歳になるまでの間に1級または2級障害の状態でなくなった時
3. 1級または2級障害の状態にある子が、20歳になった時

などのケースで遺族基礎年金を受け取ることができなくなります。

その他

遺族基礎年金が受け取れなくなるケースは他にもあります。業務中に夫が死亡した場合は、労災から遺族年金を受け取ります。そのため、遺族基礎年金を受け取ることができません。

また、遺族基礎年金を受け取ることが出来る人の所在が1年以上わからない場合、妻が受け取る場合は子が、子が受け取る場合は、他の子が申請することにより、遺族基礎年金の支給が停止され、申請された人が遺族基礎年金を受け取ることができます。

次の記事

「妻、子、夫、祖父母のための「遺族厚生年金」」

前の記事

「妻と子のための「遺族基礎年金」」

    
コメント