遺族厚生年金が受け取れなくなる条件(失権)

遺族厚生年金を受け取ることができなくなる条件(失権)を紹介します。

全体共通の遺族厚生年金を受け取れない条件

1. 死亡したとき 2. 婚姻したとき(事実婚含む) ただし、結婚後に離婚しても、遺族厚生年金を受け取る権利がなくなっているので、遺族厚生年金を受け取ることはできません 3. 直系血族又は直系姻族以外の養子となったとき 4. 離縁したとき

妻が遺族厚生年金を受け取れなくなる条件

1. 30歳未満で遺族厚生年金のみの受給権を取得した日から5年を経過したとき ※同一の支給事由に基づく老齢基礎年金の受給を取得しないとき →つまり、30歳未満で子供がいない場合は、5年間しか遺族厚生年金を受け取ることはできません。 2. 同一の支給事由に基づく遺族基礎年金・遺族厚生年金を受給している妻が、30歳に達する日前に遺族基礎年金のみの受給権を失った場合は、その日から5年を経過したとき

子供(孫)が遺族厚生年金を受け取れなくなる条件

1. 子供が、18歳に達した日以後の最初の3月31日が終了した時(ただし、1級または2級障害に該当している場合は除く) 2. 子供が、18歳に達した日以後の最初の3月31日が終了した後で、かつ1級または2級障害の状態でなくなった時 3. 1級または2級障害の状態にある子供が、20歳になった時

夫、父母、祖父母特有の失権する場合

被保険者の死亡時に胎児だった子が生まれたとき。つまり、赤ちゃんが生まれたら赤ちゃんが優先順位が高くなるためです。

その他

労災による遺族年金を受ける場合は、遺族厚生年金を受け取ることができません。 次の記事「中高齢の女性を助ける「中高齢寡婦加算」制度」 前の記事「妻、子、夫、祖父母のための「遺族厚生年金」」