中高齢寡婦加算がなくなっても安心! 「経過的寡婦計算」

夫をなくし、中高齢寡婦加算を受け取っている昭和31年4月1日以前に生まれた妻は、中高齢寡婦加算がなくなると、妻自身が受け取る老齢基礎年金が低額になるケースがあります。妻が受け取る年金額が極端に少なくなることがないように配慮した制度が「経過的寡婦加算」です。


経過的寡婦加算

遺族厚生年金では、40歳〜65歳になるまで条件を満たした夫をなくした妻が中高齢寡婦加算を受けることができます。しかし、妻が65歳になると妻の老齢基礎年金を受け取ることができるため、中高齢寡婦加算を受け取ることができなくなります。

そこで、昭和31年4月1日以前生まれの妻は、中高齢寡婦加算のかわりに経過的寡婦加算を受け取ることができます。昭和61年4月の年金大改正前は、専業主婦は国民年金への加入が任意だったため、多くの者(妻)が国民年金に加入しておらず、その結果、妻自身の老齢基礎年金が低額になるケースがあります。妻が受け取る年金額に配慮した制度となっています。経過的と名前がついているように、年金改正が進み次第なくなります。現在の若者は特に気にする必要はありません。

経過的寡婦加算で受け取る金額

経過的寡婦加算の金額は、昭和61年4月1日から60歳に達するまで国民年金に加入した場合の老齢基礎年金の額と合わせると、中高齢の加算の額と同額になるように計算されます。

経過的寡婦加算を受け取れる条件

1. 昭和31年4月1日以前生まれの妻に65歳以上で遺族厚生年金の受給権が発生したとき。ただし、老齢厚生年金の資格期間を満たした者が死亡したときの場合は、死亡した夫の厚生年金の被保険者期間が20年以上(または40歳以降に15年以上)ある場合に限ります。

2. 中高齢の加算がされていた昭和31年4月1日以前生まれの遺族厚生年金の受給権者である昭和31年4月1日以前生まれの妻が65歳に達したとき

このいずれかに該当すれば、経過的寡婦加算が遺族厚生年金に加算されます。

次の記事

「遺族基礎年金がもらえない場合に役立つ「寡婦年金」と「死亡一時金」制度」

前の記事

「中高齢の女性を助ける「中高齢寡婦加算」制度」

    
コメント