毎年7月に変更! 「定時決定」による社会保険料の計算方法

毎年7月に、社会保険料は新しい金額に決定されます。4月、5月、6月の標準報酬月額の平均額をもとに1年間の社会保険料が決まります。このように社会保険料が毎年変更されることを定時決定といいます。では、定時決定による社会保険料の計算方法を紹介します。


定時決定による社会保険料の計算方法

定時決定は、毎年7月1日に、その事業所に在籍する労働者の4、5、6月の報酬額を基準にして、新しい標準報酬月額を決定することです。決定された標準報酬月額は、9月から翌年8月まで適用されます。定時決定は被保険者全員が対象となります。ただし、

6月1日から7月1日までの間に被保険者となった人(正式に社員になった人)
7月から9月のいずれかから随時改定または育児休業等を終了した際に標準報酬が改定される人

は、対象外となります。

支払基礎日数

定時決定では、報酬の支払基礎日数が17日と決められています。そのため、4~6月のうち、報酬の支払の基礎となった日数が17日未満の月は除いて計算します。計算方法は、次のとおりです。

社員の標準報酬月額の計算方法

1. 4、5、6月の3ヶ月のうち支払基礎日数が17日以上の月がある場合は、17日以上ある月の報酬月額の平均により算定された額により、標準報酬月額を決定する。

2. 4、5、6月の3か月とも支払基礎日数が17日未満の場合は、これまで(従前)の標準報酬月額にて引き続き定時決定します(保険者算定)。

短期労働者(パートタイマーなど)標準報酬月額の計算方法

社員は17日が支払基礎日数となります。パートタイマーなどの短期労働者では、17日と15日がポイントとなります。

1. 4、5、6月の3ヶ月のうち支払基礎日数が17日以上の月がある場合は、17日以上ある月の報酬月額の平均により算定された額により、標準報酬月額を決定します。

2. 4、5、6月の3ヶ月間のうち支払基礎日数がいずれも17日未満の場合は、その3ヶ月のうち支払基礎日数が15日以上17日未満の月の報酬月額の平均により算定された額により、標準報酬月額を決定します。

3. 4、5、6月の3ヶ月間のうち支払基礎日数がいずれの月も15日未満の場合は、今まで(従前)の標準報酬月額をもって当該年度の標準報酬月額とします。

次の記事

「給料変更時の「随時改定」による社会保険料変更の条件と注意点」

前の記事

「社員が入社したら! 「資格取得時の決定」社会保険料の計算方法」

    
コメント