社会保険料の標準報酬月額を決める4つの計算方法

社会保険料の標準報酬月額の計算方法は、資格取得時決定、定時決定、随時改定、育児休業終了の4つの計算方法があります。計算方法の特徴を簡単に紹介します。


1. 資格取得時の決定

会社で社員を雇った場合、社員に支払う給料から社会保険料を決定します。社会保険料は初任給を基準に計算します。基本は、初任給の金額を月額標準報酬の等級にあてはめて保険料を計算します。

1月1日~5月31日までに決定された場合は、その年の8月31日まで有効です。一方、6月1日~12月31日までに決定された場合は、その年の翌年の8月31日まで有効になります。どちらも9月以降は、定時決定により新しい標準報酬月額が決まります。

参考リンク

「資格取得時の決定における社会保険料の計算方法」

2. 定時決定

定時決定とは、毎年7月1日に、その事業所に在籍する労働者の4、5、6月の報酬額を基準にして、新しい標準報酬月額を決定することです。決定された標準報酬月額は、9月から翌年8月まで適用されます。定時決定は被保険者全員が対象となります。

参考リンク

「定時決定における社会保険料の計算方法」

3. 随時改定

標準報酬月額は原則として1年に1回だけ行いますが、昇給や減給により大幅に標準報酬月額が変わる場合に、随時改定により、保険料の再計算をします。

参考リンク

「給料変更時の「随時改定」による社会保険料変更の条件と注意点」

4. 育児休業等終了時

育児休業等終了月(ただし、終了した日が月末である場合は、その翌月)以後3ヶ月間に受けた報酬の平均月額を標準報酬月額等級区分にあてはめ、現在の標準報酬月額と1等級でも差が生じた場合には、社会保険料が改定できます。

参考リンク

「育児休業等終了時の改定による社会保険料変更の条件」

次の記事

「社員が入社したら! 「資格取得時の決定」社会保険料の計算方法」

前の記事

「標準報酬月額の対象範囲。毎月の保険料を決める対象とは?」

参考リンク

「4月、5月、6月に残業をしてはいけない理由。社会保険料の不思議」

    
コメント