4月、5月、6月に残業をしてはいけない理由。社会保険料の不思議

毎月給料から社会保険料(健康保険と厚生年金)が天引きされています。正直高いですよね。じゃあ残業して稼ぐしかないと考えてしまいます。実は4月、5月、6月に残業をすると社会保険料が高くなってしまうんです。


定時決定を理解しよう!

社会保険料は、毎月の給料やボーナスに一定の保険料率をかけたものを、会社と従業員が半分ずつ負担してします。会社員の給料は残業などによって変動しますが、その度に、保険料を計算し直すのは会社側からすると大変な作業です。

そこで、定時決定という制度が生まれました。定時決定とは、毎年4月、5月、6月の3ヶ月間の給料を平均して、保険料計算のもとになる「標準報酬月額」を7月に決め、9月から翌年8月まで適用します。

参考リンク

「標準報酬月額の計算方法」

標準報酬月額を決めるのは4月、5月、6月の給料です。基本給部分だけかとおもいきや、残業手当も含められてしまいます。よく人事の人が4月、5月、6月に残業をたくさんすると給料が下がるよというのはこの定時決定の仕組みを知っていたからです。仮に、4月から6月まで残業をたくさんして、7月からノー残業が続いたとしても、翌年8月までは社会保険料は変更しません…

そのため、4月、5月、6月にたくさん残業すると社会保険料が高くなるの、社会保険料を安くしたいなら4月、5月、6月に残業をするのはやめましょう!

次の記事

「130万円以上稼ぐと夫の社会保険の扶養から外れます! 主婦が知りたい130万円と150万円の壁」

前の記事

「社会保険料計算時の賞与の計算方法」

    
コメント