130万円以上稼ぐと夫の社会保険の扶養から外れます! 主婦が知りたい130万円と150万円の壁

夫の社会保険の扶養となっている妻のパート収入が、年収が130万円以上になると保険料負担が一気に高くなります。なぜ、130万円を超えると社会保険料で損をしてしまうのでしょうか?


130万円の壁

パート収入が年収131万円と年収128万円では、手取りが多いのはどちらでしょうか? 答えは、年収128万円です。実は、パート収入には社会保険130万円の壁があります(103万円の壁は扶養控除です)。

日本では会社員として働くと自動的に社会保険に加入します。社会保険に加入している夫に扶養されている妻は、保険料を負担することなく社会保険に加入することができます。

ただし、年収130万円未満(かつ労働時間が正社員の4分の3未満)であることが社会保険での扶養条件です。130万円の壁を超えてしまうと、社会保険の扶養の定義から外れてしまうため、妻自ら保険料を支払う必要が出てきます。

150万円の壁

年収130万円の壁を超えてしまうと、社会保険料を負担するため手取り額が一気に減ります。年収129万円の社会保険の扶養ギリギリで働く人より、手取りが多くなるのは年収150万円を超えたあたりからです。そのため、シフトがきびしいからどうしても入ってよと言われて、頑張って働いても年収が130〜150万円になると損をしてしまいます。社会保険の扶養から外れないためにも、パート収入は130万円以下にしましょう。もしガッツリと稼ぎたいのであれば、150万円以上稼ぎましょう!

次の記事

「健康保険を理解するのに役立つ基本情報まとめ」

前の記事

「4月、5月、6月に残業をしてはいけない理由。社会保険料の不思議」

参考カテゴリ

「社会保険全体の記事」の詳細を調べる

    
コメント