未来の稼ぎ方とは?

これからのビジネスを考えるにおいて、どういったものが新しい稼ぎ方となっていくのかを見極めるのは重要です。もちろん、人と人が相対するフェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションが重要といった考え方もあるでしょう。


応用力が重要

しかしながら、そうした古い考え方に固執しているばかりではいけません。必要なのはやはり既存の技術を応用しながら新たな業界へと攻め入る力ではないでしょうか。そのようなビジネスの新しいモデルを構築するにあたって役立つ本が坂口孝則による『未来の稼ぎ方:ビジネス年表2019-2038』 (幻冬舎新書)です。これからの約20年間を見通すのに役立つ本となっています。

キーワードは何に注目?

本書で注目されているキーワードは何になるのでしょうか。コンビニ、エネルギー、インフラ、宇宙といったキーワードが紹介されています。これからも伸びていくだろうし、さらに需要が一定数あり続ける業界がそこにはあります。まずは自分の業界と周辺の話ばかりではなく、全体像を見渡してみるというのは大事なのではないでしょうか。

時代を読む

やはりそこにおいて求められるのは時代を読む力です。そこにおいて大切なのは、時代を見極める知識や情報というべきものでしょう。ひとつの分野に固執しない業界横断的な知識を身につけたい人にとってはおすすめの一冊です。

    
コメント