今の給料で満足? 長期の積立投資が生活を豊かにする3つの理由

NISAやFXという言葉が一般的になり、投資が身近になった気もしますが、いまだに多くの人は投資に悪いイメージを持ったり、怖い、借金を背負うという事を連想してしまうのは否めません。しかし、あることを実践するだけで、「会社勤め」でも着実に「1億円」を作ることができるんです。

それは少額のお金を一定のリズムで「積立投資」し、うまくいく確率を高めていく方法です。なぜ「積立投資」をすれば、「1億円」を作れるのか、その理由を本の中から3つ説明します。


1. 積立投資では暴落があったほうが儲かる

過去10年間を振り返ってみると、100年に1度の暴落と言われるリーマンショックがあったことからも投資環境として良い10年間ではなかった、と思っている人が多いかもしれません。

しかし、株価暴落で元本より低い金額もしくは同じ金額で株や投資信託を売ってしまった人が多かったにもかかわらず、10年間毎月1万円ずつ積立投資を続けていた人はいまどうなっているかご存じですか?

投資元本は約2倍になり、損をしているどころか大きな実りを得ているのです。なぜなら、積立投資は、株価が下落すればより安く買い増していると同義だからです。

2. 投資金額が意図的にわからなくなることで感情の制御ができるから

100万円を一括で投資をしたら、その100万円という金額はずっと覚えているので、その100万円が200万円になると売りたくなりますし、50万円になっても売りたくなるものです。

しかし、毎月数万円の積み立て投資をしていると、いくら投資したのかがわからなくなります。そして、仮にマーケットが下がったとしても、バーゲンセールを自動的に買ってくれる感覚で、下がっているときほど積立投資をしていて良かったと思うでしょう。

3. お金の出ていくスピードは、お金を稼ぐために使った時間・労力に比例する

お金の出ていくスピードは時間と労力に比例することを「ガイアの法則」と呼ぶのですが、長期でいろいろ買いたいものを我慢しながら運用によって増えたお金は簡単に出ていかないため、より実のあることにお金を交換することができるのです。

一括で大きな金額のお金を投資する方法だと、リスクが高く変動があるごとに一喜一憂することになりますが、少額のお金を一定のリズムで積立投資していけば会社勤めの人でも着実に1億円を貯めることができます。

投資信託を選ぶ際の注意点や積立投資の方法についてなど、より具体的なことを知りたい方は『会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方 NISA対応』を一度読んでみましょう!

「会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方 NISA 対応(中桐啓貴)」の詳細を調べる

    
コメント