かっこいい看板は失敗しやすい? ビジネスの成功を分ける看板戦略

リアル型の店舗では看板がある店がほとんどです。この看板は、ビジネスの成功を分ける大切なモノです。コインランドリービジネスを具体例に、看板戦略を考えてみましょう。


かっこいい看板は失敗する?

看板で失敗するケースは、たくさんあります。特に多いのが、「コインランドリー」という文字が書いていない看板を設置してしまうことです。具体的には、英語で「●●ウォッシュ」とか「●●ランドリー」と書いてある、遠くから見ると美容院かと思うような、おしゃれでかっこいい看板です。

確かに、かっこいい看板は所有する喜びがあります。でも、お客さんにしてみれば、横文字で書かれているので読みにくいだけのです。また、看板は野暮ったいからという理由で、看板を設置しないお店もあります。ガラス張りの店内をのぞいてみて初めて、「このお店はコインランドリーだったんだ」とわかるお店もあります。

このようなお店は、友達に自慢できるかもしれません。しかし、自慢をしたいのか、商売をしたいのか、そこをはき違えてはいけません。すき家も吉野家も、看板を一目見ただけで牛丼屋だとわかります。コンビニエンスストアもすぐにわかります。

しかし、日本のコインランドリーにはマークを見ただけで「コインランドリーだ」とわかるようなブランドはないのです。だとしたら、文字で訴えないといけません。つまり、はっきりと「コインランドリー」と書かないと、わかってもらえないということです。

百歩譲って「●●ウォッシュ」とか「●●ランドリー」ならまだましです。そうではなく、「ボーテ」とか何語かすらわからない店名もあります。そんなお店は、車に前を素通りされてしまいます。これでは儲かりません。説明しても、友達ですら気づいてもらえないでしょう。

「ここ、コインランドリーだったんだ? わからなかったよ」と言われてしまうのがオチです。ですので、絶対にカタカナで「コインランドリー」と書くようにしてください。

有名書店の看板戦略

例えば、ブックオフはブランド力もあり、マークを見て一目でブックオフだな、古本屋さんだなとわかります。それにもかかわらず、看板には、「本」と漢字で書かれています。「書かなくてもわかるよ、上場企業だし、こんなに有名なのに」と思っても、道路を走っていると、ブックオフの「本」という看板が必ずあります。

TSUTAYA にしても、「CDレンタル」としっかり書いてあります。誰でも知っている有名なお店が、「CDレンタル」とわざわざ書いているのには、理由があるのです。コインランドリーのフランチャイズは、ただでさえ知名度が低いのですから、しっかり「コインランドリー」と書かなくては、売上が上がらなくても当然です。

白い看板は失敗しやすい

また、白い看板も、失敗する確率が高くなります。白い看板は景色に溶け込んでしまい、目に入ってこないからです。その証拠に、大手フランチャイズで白い看板を採用しているところはありません。お客さんはチラシを見て来るより、看板を見かけて入ってくる方が圧倒的に多いのです。

ですから、一番お金をかけなければいけないのが看板なのです。目に飛び込んでくるような色で、インパクトがある看板を採用しましょう。コインランドリーは水を使うから水色がいいと思うかもしれませんが、水色は意外と目に入ってきません。

意外と大切なのが看板戦略だったのです。ひと目でどんなサービスかわかるようにしましょう!

次の記事

「繁華街、ショッピングセンターは失敗しやすい? 常識の逆を行くコインランドリー出店戦略」

前の記事

「儲かるコインランドリー、儲からないコインランドリーの違い」

参考本

「コインランドリービジネス7つの魅力とは? はじめてのコインランドリービジネス」

    
コメント