副業兼業の実態を知ろう

かつて、副業はをしている企業は多くありましたが、最近はその流れが緩和されつつあります。しかし、従来の原則禁止から原則容認の流れになったとはいえ、場合によってはトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。

どうすればいいのか?

田村裕一郎ほかによる『企業のための 副業・兼業 労務ハンドブック 』(日本法令)は、副業や兼業を容認する企業の側に向けたハンドブックです。これまでは原則禁止とされてきた企業のそうした実態が、現状はどのようになっているのかといった点についてまずは解説されていますので、副業制度を導入したいと思っている人にとっては最適な本だと言えるでしょう。

使われる側にも有効?

しかし、本書は企業側にばかり有効な情報ではありません。雇用される側、つまりは社員の側にとっても、企業がどのようなプロセスを経て副業や兼業を解禁していくのかといったことを学ぶことができます。いざ、自分がそうした立場に置かれた場合にはどうすればいいのかといったことを学ぶこともできるでしょう。

新しい働き方

本書は、すでに浸透しつつある新しい働き方がすでに精神論のレベルではなく、実務レベルで進行しつつあることを示しています。これからの日本経済を考える上でも、参考書として役立つことがあると言えるでしょう。