「専業主婦」のメリットとデメリットを考えてみる

配偶者控除制度の廃止が検討されており、パートで働く女性も今後さらに労働時間を延ばさざるを得なくなりそうです。専業主婦になるという選択肢は、よほどの高収入でなければ不可能になるのでしょうか。専業主婦になることのメリット、デメリットについて考えてみましょう。


専業主婦のメリットとは

専業主婦であれば、家庭での家事や子育て等を一手に引き受けることとなります。子供が幼く手のかかる時期も比較的面倒を見やすくなり、親の介護が必要になった場合でも時間を調節しやすいと言えるでしょう。税制では、現状のままであれば配偶者控除を受けられるだけでなく、サラリーマンや公務員の妻であれば、国民年金の第3号被保険者となり、保険料を自分で負担する必要がありません。こうした税制優遇は不公平と言われることもありますが、病気や育児、介護など様々な理由で働きたくても働けない女性にとっては重要な制度とも言えます。

専業主婦のデメリットとは

専業主婦であることは、当たり前ですが結婚していることを意味します。もしも夫と離婚したり死別してしまった場合、また、夫が失業してしまった場合、生活に困らない程度の資産がある場合をのぞき、自分が一家の大黒柱として働かなければならなくなります。しかし、再就職しようとしても、人手不足の資格職をのぞいて、希望の仕事にすぐに就けるとは限りません。専業主婦であることは、長い間社会との接点がなかったと見なされるため、企業から積極的に採用されにくい傾向があるのです。しかし、これらは最悪のケースを想定した場合

可能であれば、働くのがベストだが社会的課題も多い

以上のことから考えると、現状では、結婚したとしても、キャリアを継続させること、雇用形態を問わずに職を確保しておくことがベストだと言えます。しかし、幼い子供がいる場合、都市部では保育園は待機児童が多く入園が困難になっており、共働きを望んでいる家庭にとっては山積みです。

親は専業主婦だったという人はまだまだ多いでしょうが、しばらくすれば専業主婦も珍しい存在になるかもしれませんね。また、男性の本音としては「できれば働いて欲しい」と考える人も少なくないようです。専業主婦指向をアピールしてしまうと、婚期が遅れてしまうかも!?

「知っておきたいお金の知識」の詳細を調べる

    
コメント