お金の教養を身につける

お金は大切なものです。しかい、お金は使っているとすぐになくなってしまいます。さらにお金を動かすにあたっては、きちっとした調査などをする必要もあると言えるでしょう。そういったことを前提としていても、なかなかうまい具合にはいかないものがお金です。

お金の教養を身につける

特に社会人生活をするにあたっては、お金は自分の判断だけで動かすことができません。場合によってはお金を一気に失ってしまうこともあるでしょう。泉正人による『社会人1年目からのお金の教養 』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)では、お金にまつわる大切なトピックが記されています。

何をすればいいのか?

それでは、お金はどのように使えばいいのでしょうか。さらにどのように増やしてゆけばいいのでしょうか。お金を貯めるにはどうすればいいのでしょうか。そんな疑問を抱いた時、お金との関係を健全に築いていくにあたって大切なものが本書には記されています。自分らしさを極めるためにはどうすればいいのか。そのような小さい疑問にしっかりと応えてくれるのが本書なのです。

運転免許証?

著者は、本書でお金の使い方の運転免許を取得してもらうといった目的を持っているようです。お金を車に例えれば、いざというときのブレーキのかけかたなどを学ぶことにより安心して公道を走れるようになるとも言えるでしょう。