現金書留は日本円だけ?

現金を郵便で送ることはできません。現金書留を利用する必要がありますが、ここでいうお金というのは日本の紙幣のみを対象としています。

海外のお金はどうする?

それでは海外のお金を郵便で送りたい場合にはどうすればいいのでしょうか。その場合は一般書留を利用することになります。書留郵便というのは、引受から配達まで郵便過程が記録され、万が一壊れたり届かなかったりした場合には、実損金額が賠償される郵便になります。

のし袋も送れる

この現金書留は日本円しか送れませんが、日本の現金しか送れないわけではありません。現金書留の封書はある程度サイズに余裕があるものとしてできていますから、お祝いの時などののし袋をそのまま送ることもできます。結婚式などに遠方から参加できない場合という時にも、お金だけではなくのし袋と一緒に送れるのは良いですね。

現金書留に同封できるもの

現金ではないが、現金に類する価値を持つプリペイドカードや商品券というのも単体においては現金書留で送ることはできませんので一般書留や簡易書留で送る必要があります。ただし現金書留で現金を送る場合には、そこに同封することは可能です。そのカードなどの額面も保証されるので安心であるといえるでしょう。