財布が味を覚える!? お金持ちの財布にまつわるスゴイ迷信。

突然ですが皆さん、「長財布」というとどういったイメージを思い浮かべますか? お金が沢山入る、便利、格好いい、などなど様々だと思いますが、一番はリッチに見えることではないでしょうか。今回は長財布とお金持ちの関係や、財布にまつわる迷信について考えていきます。


■稼ぐ人はなぜ長財布?

リッチな人の財布を見てみると、総じて長財布を持っています。ルイヴィトンやらロエベやらエルメスやら。もっとも、スーパーリッチな人は財布すら持ち歩きませんが。人は何故、長財布を見るとお金持ちのように見えるのでしょうか。

たかが財布、されど財布とは言ったもので、財布はお金を入れるただの袋なわけです。本質的には袋であるにも関わらず、そのただの袋にこだわりを持っていることは、細かいところにも気が回る人というのを表しています。頻繁に使うものだからこそ、ないがしろにできない、大切にしたいという考えを持つからこそ、お金が集まります。

■お金にまつわる迷信

「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」によると、お金や財布には様々な感情や嗜好があるそうです。その中から3つの迷信を紹介します。

1. お札は長財布が気持ちいい

長財布はお金にとって、特にお札にとって最も心地良い形にできているそうです。最高級の財布は、お金にとってのフランスベッドのようなものなのでしょう。

2. 財布は味を覚える

新しい財布を買ったらまず100万円入れるといいらしいです。というのは、財布が味を覚えるからとのこと。自分にとって大金だと思う金額を財布に3日ぐらい入れて置いておくと味を覚えるらしいです。

3. お金はきれい好き

臭い養豚場のイメージから豚は汚いものというイメージが付いていますが、実はきれい好き。それと同様にお金もきれい好きらしいです。そもそも、お金はきれい好きという側面を持っているとのことです。

  • 「財布の購入価格x200=年収」
  • 「メタボ財布はお金に嫌われる」
  • 「財布相が悪い人のところにお金は近づいてこない」
  • 「財布はお金の味を覚える」

などなど他にも財布とお金にまつわる迷信があります。

今回は財布の迷信について調べてみました。信じるか信じないかはあなた次第。お金持ちになれるよう頑張りましょう。

「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?(亀田 潤一郎)」の詳細を調べる

    
コメント