家計を改善するたった3つの方法

毎日家計が大変という主婦の方は多いのではないでしょうか? 実は家計を改善するのはたった3つの方法しかないことを知っていますか?


家計簿は必ずしも必要ではない

家計を管理し改善するには、家計簿をつけることが必要と思うのが一般的です。確かに、家計簿は、比較的短い期間のお金の流れを把握するうえで、便利なツールです。家計の節約のためには、一定の効果があります。

しかし、家計簿だけでは、これから必要になる教育費、住宅購入費といった、長期的な家計の計画はできません。将来必要な金額を把握して、計画的にためる必要があるのです。

たとえば5年後、車を購入するのに120万円の支出が予定されているとします。仮に、いまの貯蓄額がゼロだとすると、年間24万円を、毎年ためる必要があります。月額2万円。これが、5年後の車購入というライフプランを実行するための、目標貯蓄額です。

毎月、目標貯蓄額をきちんと達成できるならば、別に家計簿をつける必要はありません。達成できないなら、それは何らかの家計改善が必要だということを示すサインです。改めて家計簿をつけて、原因を探ってみるといいでしょう。

家計を改善する3つの手法

家計を改善する手法はさまざまですが、

1. 収入を増やす
2. 支出を減らす
3. 貯蓄を増やす(運用)

の3つです。

日々、家計簿をつけることに一生懸命になるよりも、将来のライフプランを描きながら、より長期間の資金計画を立ててみることが家計の改善につながります。

まず、長期の資金計画を立ててみましょう。そして、その目標の達成のために、収入を増やす、支出を減らす、貯蓄を増やすようにすれば家計は改善されます。

「家計改善バイブル(八ツ井 慶子)」の詳細を調べる

    
コメント