金子哲雄が語る、収入が少なくても満足の行く生活が出来る3つの方法

流通ジャーナリストとして、独特の語り口でお馴染みの金子哲雄さん。さまざまな物をお得に買える方法などを伝授してくれる金子さんが提唱するのは"収入が少なくても満足の行く生活が出来る方法"です。一体どんな方法なのでしょうか?


1. 家電は雨の日の日曜日の午後7時以降

家電量販店のチラシは、往々にして土曜日の朝に届くようになっています。こうする事により、土日の売り上げを上げる事が出来るからです。
ここで狙い目なのは、

日曜日の午後7時以降

。日曜日の夜は店員さんもノルマを上げる為に切羽詰まっている事が多いので、交渉に乗ってくれやすくなります。さらに、その日が雨の日だと尚良いです。雨の日だとどうしても客足が落ちてしまうので、ますます交渉に乗ってくれやすくなります。

2. 賃貸は駅近くの図書館近くを狙え

駅から自宅が遠いと、帰宅が遅くなった時にタクシーを使ってしまいがちです。駅から近ければタクシーを使う必要がありません。
また、図書館は、本・雑誌・新聞を無料で閲覧することが出来ます。当然の事のようですが、実はこれだけで年間で

15万円

もお得になるのですから、利用しない手はありません。さらに、エアコンが効いた快適な環境ですので、自宅の光熱費を抑えることも出来ます。

3. 冷蔵庫こそジャスト・イン・タイム

冷蔵庫には、賞味期限が切れて食べられなくなってしまった物が平均して

8-10%ある

と言われています。"安いから買っておこう"、"あったら便利だから買っておこう"と言う様な無駄な買い物を止めるだけで

約1割

の食費を削る事が出来ます。買い物は計画的にして、今必要な物だけを買うようにしましょう。

収入が少ないからと言って、我慢ばかりではとても楽しい生活を送る事は出来ません。でも、ちょっとした工夫を凝らすだけで、我慢せずとも楽しい生活を送る事が出来る様です。皆さんもこの方法を実践してみてはいかがでしょうか。

「超三流主義(金子哲雄)」の詳細を調べる

    
コメント