居酒屋で安く飲む方法

消費税が5%から8%に値上げされ、飲食店では便乗にも見える値上げが行われています。ますます財布の紐が固くなるばかり。しかしたまにはストレス解消の兼ねて酒を飲みたいという人もいるでしょう。ここでは居酒屋で安く飲むための方法を解説します。


ボトルを入れる

店で酒を飲む場合、1杯ごとのショットで飲むのかボトルで飲むのかという選択に分かれます。

しかし、まず安く飲むにはボトルを入れるようにしましょう。大抵の店ではボトルキープができるようになっています。通常は3ヶ月くらい置いてくれる店が多いですが、1~2ヶ月という期間もあるので、確認しておきましょう。ボトルを入れていた場合は、次回の来店時は食事代と、氷などの割物代金だけで飲むことができます。

「とりあえずビール」の功罪

居酒屋ではとりあえずビールを頼む人が多いですが、これも会計がかさんでしまいます。ビールを飲みたい場合は、飲み放題コースにするなど思い切った選択をしてしまいましょう。

さらに割物の中にホッピーがある場合は、焼酎をビール風味飲料に換えることができます。もともとホッピーは代用ビールとして発明されたものですので、ビールに似た味わいを得ることができます。

ラーメン店の利用法

さらに居酒屋ではありませんがラーメン店の中にも、中華料理や酒のメニューが充実しているところがあります。ラーメンのトッピングの具を、つまみにすることもできます。

個人経営の店だけではなく、チェーン店のラーメン店でもメニューが充実しているので利用すると良いでしょう。

    
コメント