貯金のコツ

なかなか貯金ができない人のために、節約のコツや貯蓄など上手にお金を貯める貯金のコツを紹介します。

  • 私立校に行かせるにはいくらかかる? 毎月の家計に10万円以上ゆとりが必要!

    子どもには、のびのびと勉強させたい。良いお友達に恵まれてほしい。さまざまな理由で私立校を検討する方もいらっしゃいます。教育費は家計の固定費となって、見直しにくい費目のひとつになりますので、私立を受験するときには、授業料だけでなく、それ以外のお金も把握しておくこ

  • 大学受験までにいくら必要? まずは「300万円」貯めよう!

    教育費ほど、マネープランが立てやすいものはありません。赤ちゃんが生まれたら、その6年後は小学生、12年後は中学生、15年後は高校生、18年後は大学生と、いつ、いくらお金がかかるか見当がつくからです。では、大学受験までにはいくら必要なのでしょうか?

  • 貯金の最低ラインはどれくらい? 生活費の3ヶ月分は預金口座に貯めよう!

    「今10万円あるんですけど、何かお金がふえる、いいものないですか?」 こんな質問をよく受けます。この10万円が、やっと貯めた10万円なら、まずは貯金するべきで、投資をするのはもっとあとです。生活費を、株や金に変えてしまったら、魚や野菜を買うのにわざわざ証

  • 3つのお財布に分けると貯金上手になれる?

    生活費をなんとなく使って、なんとなく口座に残ったお金が「貯まったお金」。このやり方では、なかなかお金が貯まりません。というのも、お金があれば何だか知らないうちに消えてしまうのが世の常なのです。 お金をしっかり貯める・ふやすには、お金をなんとなく普通預金口

  • 貯金の達人は「貯める目的」をしっかり持っている? 貯め上手になる4つのコツ

    無目的な節約はただのガマン大会でツライけれど、目的を達成するための手段なら、楽しんでできるでしょう。雑誌「日経WOMAN」で、働く30代の女性にアンケートを取ったところ、近い将来なりたい自分がある人は「貯め上手」で、楽しみながらやりくりをして、「貯めベタ」さん

  • 「お金が貯まらない」言い訳は今すぐ封印! 家計を節約する3つのヒント

    今月は特別だから… 今は貯められない… 節約、節約って言うのもねぇ… あなたももし、以下のようなことを思っていたら、要注意です。どれももっともらしく、言い訳のようには聞こえません。しかし、そんなことを言っていてはいつまで経っても貯金なんてできません。

  • 貯金残高を定期的に記録しよう! 家計簿より効果的な「貯蓄簿」

    Aさん夫婦は共働きの30代。家計管理に無頓着で「お金があると使ってしまう」。支出管理をする必要性を感じて家計簿をつけ始めても、たいてい三日坊主になってしまいます。他に支出を管理するいい方法はないでしょうか? 家計簿よりも「貯蓄簿」 家計簿を続け

  • 貯金をするベストのタイミング!? お金の「使い時」と「貯め時」を知ろう!

    人生には、比較的お金に余裕のある「貯め時」といえる時期があります。その反対で「使い時」という、ゆとりのない時期もあります。貯金を効率よくするために知っておきたいお金の「使い時」と「貯め時」を紹介します。 お金の使い時 お金の「使い時」の例は、教

  • これであなたも節約上手!お金を貯めることが出来る人の習慣とは

    お金を貯めるためには、収入を増やすか節約するしかありません。「どうしても支出が抑えきれずに、お金を貯められない」……という人は、節約感覚を身に付ける必要があります。そこで今回はお金を貯めることが出来る人の節約習慣をご紹介します。 ■買い物をすると

  • 貯金できる人がやっているお金に関する行動とは

    不安定な時代、年金だけで生活できるかどうかもかなり心配な状況。だから、今からしっかりお金を貯めておきたいと考えてしまいますね。しかし、なかなか貯金ができないと悩んでいる人もいるのでは。しっかり貯金出来ている人は自分とどう違うのか、考え方をのぞいてみましょう。

  • 「お金が貯まる人」の考え方とはどんなもの?

    「金銭感覚」という言葉がありますが、お金が貯まる人、すぐに出て行ってしまう人はそれぞれお金に対する考え方に違いがあるようです。お金が貯まるのはどんな考え方や行動をとっているのでしょうか。 1.誰かを喜ばせようと思っている人 人に対してメリット、喜び

1 / 1 1