「お金が貯まる人」の考え方とはどんなもの?

「金銭感覚」という言葉がありますが、お金が貯まる人、すぐに出て行ってしまう人はそれぞれお金に対する考え方に違いがあるようです。お金が貯まるのはどんな考え方や行動をとっているのでしょうか。


1.誰かを喜ばせようと思っている人

人に対してメリット、喜び、愛などといった喜ばせる何かを提供している人「お金が楽しく次の人のところに行ける」ような使い方を心がけているのです。誰かから「奪ってやろう」などと考えることはありません。人間関係と同じように金銭関係も大事にしているのです。

2.お金に対する感情を大事にする

具体的には、人生の問題をお金で解決しようとしたり、お金のことでイライラしてしまうことってありますよね。感情的な面が抑えきれずに失敗してしまうことはあるもの。

3.まずは自分に与えること

自分の生活を成り立たせて、借金はできるだけゼロにする。そして普段から素晴らしい人に出会い、楽しい体験の中に身を置くことにお金を使う。つまり自己投資をしている。

ケチでも倹約家すぎてもいけない。お金のことでピリピリしないで生活していくことがやはり大事なことなのです。お金に翻弄されずに、健康的に付き合う生活を目指していきたいですね。

「読むだけでお金に愛される22の言葉(本田健)」の詳細を調べる

    
コメント