3つのお財布に分けると貯金上手になれる?

生活費をなんとなく使って、なんとなく口座に残ったお金が「貯まったお金」。このやり方では、なかなかお金が貯まりません。というのも、お金があれば何だか知らないうちに消えてしまうのが世の常なのです。

お金をしっかり貯める・ふやすには、お金をなんとなく普通預金口座に入れっぱなしにするのではなく、目的別に3つのお財布に分けて順番に貯めると、貯まりやすくなることを知っていますか?


1. 「使う」お財布:日々の暮らしに必要なお金

まずひとつ目は、生活用のお金を入れるお財布です。「使う」お財布は、いつでもお金が出し入れできる銀行の普通預金がいいでしょう。

このお財布に入れるお金の目安は、生活費の3~6ヶ月分です。このお財布にお金を入れっぱなしにしておくと、いつの間にかなくなってしまいますので、生活費だけ入れると覚えておきましょう。

2. 「貯める」お財布:5年以内に使うお金はここへ

車の買い換え資金、賃貸物件の更新料、マイホームの頭金など。必ず必要になるお金なので、使わない・減らないよう確実に貯めるのが大事です。定期預金や積立定期預金が向いています。

3. 「ふやす」お財布:将来のお金

お金を運用してふやすことで、お金の寿命も延ばしましょう。「お金をふやす」=「投資」=「株」と思っている人がとても多いのですが、今は日本の株だけでなく、世界中の株や債券などに投資することができます。ひとつの会社に投資をするのではなく、世界中のいろいろな会社や国に、お金を分けて運用することが大事です。

この3つのお財布を作ると、お金を貯める、ふやす仕組みができます。それぞれのお財布の貯め方も見てみましょう。目的別に、お金の預け先も変えて上手に貯金しましょう!

「そろそろお金のこと真剣に考えなきゃと思ったら読む本の記事」の詳細を調べる

    
コメント