私立校に行かせるにはいくらかかる? 毎月の家計に10万円以上ゆとりが必要!

子どもには、のびのびと勉強させたい。良いお友達に恵まれてほしい。さまざまな理由で私立校を検討する方もいらっしゃいます。教育費は家計の固定費となって、見直しにくい費目のひとつになりますので、私立を受験するときには、授業料だけでなく、それ以外のお金も把握しておくことが大事です。家計にこれだけ、余裕があれば大丈夫だという目安を紹介します。


私立校に必要なお金の計算式

「教育費+予備費+将来のための貯金<毎月の黒字」

学校や塾にかかるお金だけでなく、お付き合いのお金などの予備費を足して、さらに将来の貯金ができれば合格です。最低でも予備費は1万円、将来のための貯金は大学の学費と老後や特別支出を合わせて、5万円用意したいところです。

小学校受験は、毎月20万円以上家計に余裕が必要

小学校受験の場合、お受験の準備費用がかかります。幼児教室や願書の写真代、お洋服代などを合わせると年長の1年だけで、およそ200万円。都内有名校に合格なさったお客様の中には、最後の個別指導にお金がかかり、300万円でしたという方もいらっしゃいます。私立小学校の教育費は平均およそ150万円(塾、おけいこ代を含む)。

中学受験は、毎月15万円以上家計に余裕が必要

中学受験は、6年生の塾代と受験費用が年間およそ100万円ですから、合格までは教育費と貯金で13万円以上余裕が必要です。さらに、入学金や入学準備金およそ50万円を6年生までに貯めて、入学後は毎月15万円以上家計に余裕があれば大丈夫です。

高校受験は、毎月13万円以上家計に余裕が必要

高校受験は中学と同じくらいですが、入学後は毎月13万円以上余裕があればいいでしょう。教育費だけは、世の中がデフレでも値上がりしていました。これは現時点での目安で、将来は変わります。また、今は余裕があっても、収入がダウンすることも考えられます。

収入があとどれくらい減ったら家計がピンチになるか、そのときはどうするか受験する前から考えておきましょう。

私立は入る前の受験にもお金がたくさんかかるので注意が必要です!

「そろそろお金のこと真剣に考えなきゃと思ったら読む本の記事」の詳細を調べる

    
コメント