貯金をするベストのタイミング!? お金の「使い時」と「貯め時」を知ろう!

人生には、比較的お金に余裕のある「貯め時」といえる時期があります。その反対で「使い時」という、ゆとりのない時期もあります。貯金を効率よくするために知っておきたいお金の「使い時」と「貯め時」を紹介します。


お金の使い時

お金の「使い時」の例は、教育費と住宅ローンの重なる時期、そして老後です。

お金の貯め時

お金の「貯め時」は、

1. 独身のとき
2. 子どもが小さいとき
3. 子どもの独立後からリタイア前

の3つの時期です。

25歳で独身のAさんはまだ結婚の予定はありません。貯蓄はほとんどなし。一方、Bさんは子どもが生まれたばかりの30歳。貯蓄はやはりほぼゼロです。それぞれ人生の貯め時です。これから2人が毎月3万円ずつ35歳まで積み立てていくとしましょう。

途中取り崩すことなく毎年1%で運用すると、10年積み立てられるAさんは約378万円になります。積立期間が5年と短いBさんは約184万円。同じ35歳の時点で約194万円の貯蓄格差が生まれてしまうのです。

人生の貯め時に「お金がたまらない」といっている方は黄色信号です。すぐに何らかの対策を考えましょう。より早く始めた方が、将来の使い時にゆとりをもって対応できます。そのためにも、人生の3つの貯め時を知っておきましょう。

「お金に関するおすすめの本」の詳細を調べる

    
コメント