特産品を楽しみながら節税できる「ふるさと納税」って?

地方の特産品を受け取ることもできる上、なんと節税になって次年度の所得税が安くなる、そんな美味しい話を実現できるのが「ふるさと納税」という制度です。制度のしくみや参加方法を確認してみましょう。


ふるさと「納税」は「寄付」という意味

ふるさと納税とは、地方自治体に寄付をする制度です。自分の故郷に限らず、どこの自治体に寄付を行っても構いません。自治体の狙いは、人口の減少などで税収入が減っているため、寄付金を募って税収入を確保することにあります。それが「納税」と呼ばれるゆえんです。

ふるさと納税は単に寄付してもらうだけでなく、寄付した人への特典として、特産物などがプレゼントされるので、人気が集まっています。

さらに、「寄付」なので所得税や住民税が控除されます。適用される下限額は2000円、かつ、寄付金の控除額の上限が支払う住民税額の1割となっています。寄付した金額から2000円を引いた額が、個人の住民税の1割までの範囲で控除されます。

政府ではこの住民税の割合を2015年以降、2倍に引き上げることが検討されているので、ますますお得感が高まりそうです。

特産品の内容はこんなに豊富

新米5kgやかつおがまるごと一本、リブロースステーキ肉、うなぎ、牡蠣や野菜など、地方の特産品とされているものの多くがお礼として用意されています。お酒やお菓子、缶詰やレトルトなどの加工品もあります。多くは10,000円の寄付で3000円から5000円相当の品物がもらえる設定になっているようです。寄付金が控除されることを考えると、2000円程度の負担でお礼がもらえるので、欲しい物があれば通販で購入するよりもお得だと言えます。

特産品だけじゃない、さまざまな形のお礼がある

ふるさと納税のお礼の内容は、特産品以外にも宿泊券や温泉利用券、体験ができるチケットなどがもらえるものもあります。例えば、静岡県西伊豆町では30,000円の寄付でスキューバダイビングが体験できたり、そばうち体験ができたりといったもの、大阪府泉佐野市では真言宗の大本山 犬鳴山七宝瀧寺で一日修験体験ができるというユニークな内容の体験チケットもあります。

ふるさと納税を利用するポイントは、自分の住民税額を調べて、その1割の額の範囲内で寄付をすること。もちろん確定申告も忘れないようにしましょう。さまざまな地方の特産品が楽しめるうえ、税金も控除されるだけでなく、地方の活性化にも繋がるので、利用してみてはいかがでしょうか。

    
コメント