学割はなぜある?

学割という制度があります。学生証を提示すると博物館や映画館などの料金が割引になるというものです。飲食店などにおいても学生証の提示によって、値引きやトッピング無料などのサービスが受けられることがあります。この学割というのはなぜあるのでしょうか?


お金がない

一般的には学生は、アルバイトはしていますが、フルタイムの勤務はしていません。そのため収入が低くお金がないので、安く設定されていると言えるでしょう。しかしながら、どこにでも学割があるわけではありません。学割がある場所とない場所があります。この違いはどこから生まれてくるのでしょうか。

交通は帰省や就職活動のため

もっとも明確な理由は鉄道の学割がありますね。こちらは、通学や帰省、あるいは就職活動などにおいて利用することがあるため、学割が適用されます。学割に関しては、学校が発行する学割証が必要となっています。こちらは、枚数が制限されていますので、何かしらの妥当性のある目的がなければいけません。

長期的な顧客

さらに、学生のうちから学割を適用することによって、就職したあとも、サービスを継続して利用してもらうことを見越したものがあります。そこにはもちろん、博物館や映画館に関して教育や学習機会を提供するといった学校的な目的もあります。

    
コメント