何歳までが新人?

純文学の新人に与えられる三島由紀夫賞を80歳の、蓮實重彦さんが受賞したことが話題となっています。果たして新人と言える年齢は何歳なのでしょうか。


25歳までが新人?

一般的にストレートで高校を卒業する年齢は18歳となります。ここで就職する人もいますが、現在は専門学校や大学へ行く人が多くなっています。専門学校は2年から3年間のところが多くありますから、ストレートの場合は20歳か21歳となります。一般的にストレートで大学4年間を終えた年齢は22歳となります。ここで就職するという人もいるでしょう。ですが、大学にはストレートで入る人ばかりではありません。浪人して入るという人もいます。さらに大学で留年をするという人もいます。さらに大学を卒業したあと、研究者要請機関である大学院に進学する人もいます。特に理系の場合は、ほとんどの人が大学院に進学します。大学院の前期課程である修士課程をストレートで終えた年齢は24歳です。これは二年間浪人をした場合も同様の年齢となります。一般的には24歳から25歳が新卒で就職できる年齢ではないでしょうか。

30歳までは新人?

さらに、そこから仕事を覚えるのにも3年から5年くらいはかかるといっていいでしょう。そうなると、新人とされる年齢は30歳までといってもいいかもしれません。それでもこれは一般的な会社員生活に限ってのことなので、小説家といった特殊な仕事に限っては何歳でも新人であるということはいえるのかもしれません。

「インターンも学歴差別? 難関大学生が1年生からインターンシップを始める理由」の詳細を調べる

    
コメント