ノマドワーカーが狭いテーブルのカフェで効率よく仕事をする方法

カフェに入りノートパソコンやタブレットを使用して仕事をするとき、狭いテーブルで仕事がし辛いときありますよね。ノマドワーカーが狭いテーブルのカフェでも効率よく仕事をする方法を教えます。


■ガムシロップ、ミルクは先に入れる

狭いテーブルしかないカフェに入ったときテーブルを効率よく利用するには、トレーをまず返しましょう。そして、ガムシロップやミルクなどはあらかじめ飲み物に入れます。そうすると無駄な容器などをテーブルに置くこともなくなります。

■トレーの代わりに紙ナプキン

一番大切なのは、トレーの上に飲み物を 置かないこと。トレーがあるだけでテーブルのスペースはかなり狭くなります。そして、冷たい飲み物を頼むと困るのが水滴です。パソコンなどにかかってしまいますよね。そんなときは、備品やガムシロップ置き場などに置いてある紙ナプキンを利用します。紙ナプキンは水滴をかなり吸いとってくれます。これでパソコンなどに水滴が落ちる心配もなく、テーブルスペースも効率よく利用できます。

■スマートな流れ

アイスコーヒー例として、一番スマートな流れは、

  1. アイスコーヒーを注文する
  2. ガムシロップなどの置き場でガムシロップを先に入れる
  3. 紙ナプキンをアイスコーヒーの容器の下へ

この3ステップを踏めば、テーブルについた時にテーブルスペースを効率よく利用できます。

普段カフェで仕事するとき、テーブルが狭くて仕事がしにくいと感じているノマドワーカーは試してみてはいかがでしょうか。

次の記事

「カフェでしか仕事ができない病? ノマドワーカーの末期」

前の記事

「世界中のどこでも生きていく!ハイパーノマド式海外旅行術」

ノマドな本

「仕事するのにオフィスはいらない(佐々木 俊尚)」

    
コメント