目標のためには本を読め!常に目標達成している人の読書術

身近でいつも目標を設定し、達成されているような方はいらっしゃいますか?そういった方はなぜか読書を頻繁にしていることが多かったりします。なにかしらの目標を達成したいという方は、読書をすることがとても大事なのかもしれません。今回ご紹介するのは「本を読みたくても時間がなくて…」という人にこそ読んで欲しい、読書習慣のつけかたや実生活への取り入れ方が書かれた本です。
 
 

■何のためにビジネス書を読むのか

この書籍内では「良本はない」というふうに書かれています。本は、その本をもとに行動し、成果を出せて初めて良本となります。そのためには何冊も読み、行動にうつすこと。人の本への評価は気にしてはいけません。
 
リアル書店とネット書店を使い分け、本との出会いを楽しみましょう。本を探す行為は恋人探しと同じです。出会いは『いつも』の場所か『新しい』場所。「タイトル」「まえがき、あとがき」などから、本を見極めましょう。同一人物の同一ジャンルは得るものが少ない場合が多かったりします。
 

■読書を習慣にしよう

読書は短時間で集中して読むことが大切です。集中する時間を持ち、パソコンや携帯電話のないところに行きましょう。自分のために時間を割く認識を持ちながら読むように。
 
隙間時間を見つけて読むようにすることも重要。電車を待っている間、待ち合わせをしているとき、お風呂などリラックスタイム、旅行している時などに読んでみましょう。
 
精読と多読を使い分け、内容全部を読もうとしないように。特にビジネス本は多読に限るので、まずは多読する。多読を定着させるためには、マインドマップをつくることも有効です。本が進まない時は潔く積読本にします。何冊も同時に読む、読み散らかすと効果がでることも。そして、苦手な本でも『価値なし』と言わないこと。どんな本にも価値はあります。
 

 

「いつも目標達成している人の読書術 (アスカビジネス)(明日香出版社)」の詳細を調べる

    
コメント